人生にゲームをプラスするメディア

山内溥氏、遂にマリナーズを観戦する? 日本での開幕シリーズが月末開催

メジャーリーグ、シアトル・マリナーズのオーナー企業となっている任天堂。しかしオーナーだった山内溥氏は未だに試合を観戦したことがありません。月末の日本での開幕戦。遂に初観戦が実現するのでしょうか?

任天堂 Wii
シアトル・マリナーズ
  • シアトル・マリナーズ
メジャーリーグ、シアトル・マリナーズのオーナー企業となっている任天堂。1992年にシアトルからタンパベイに移転が計画されていた同球団をシアトルに残したいという地元の意向を受けて、任天堂オブアメリカの本社がシアトルにあった縁から、当時の山内溥社長が投資家グループらと約1億ドルで買収。山内氏はオーナーの立場となっていました(退任後は任天堂オブアメリカが持分を取得)。

しかし山内氏は野球に興味は無く、今まで一度もマリナーズの試合を観戦したことが無いと言われます。2003年にマリナーズとアスレチックスの開幕戦が日本で計画された際には遂にその機会が訪れると予測されましたが、イラク戦争の幕開けで日本遠征は中止。しかし再度機会が回ってきました。9年前と同じカードの開幕戦が3月28日と29日の両日、東京ドームで開催されるのです。

シアトルの地元紙シアトルタイムスは「Will Mariners majority owner Hiroshi Yamauchi finally watch his team play?」(マリナーズのオーナー、山内溥は遂に自分のチームを観戦するか)という記事を掲載。任天堂とマリナーズの歴史を振り返りながら、山内氏が観戦する可能性について考察を行なっています。

記事によれば、開幕戦には岩田聡社長や任天堂オブアメリカの君島達己会長兼CEOは訪れる予定があるそうですが、山内氏については不明。マリナーズに取材を行なっても「分からない」という返答だったとのこと。社長退任後は表舞台に立つことは殆ど無くなった山内氏ですが、初のマリナーズ観戦は実現するのでしょうか?
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  8. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  9. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  10. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

アクセスランキングをもっと見る