人生にゲームをプラスするメディア

【GDC2012】初めてブースを出展したUEI、「enchant.js」を世界にアピール

ゲームビジネス 開発

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
ユビキタスエンターテインメントはウェブやスマートフォン向けの先端ミドルウェアやコンテンツの開発に強みを持つ日本の企業で、ゲーム分野ではソーシャルゲームやHTML5のコンテンツを容易に開発するための「enchant.js」というライブラリを持ちます。今回、「enchant.js」を引っさげGDCに初出展しました。

「enchant.js」は僅か30KBほどのライブラリながら、PC/Mac/iOS/Androidなどのプラットフォームで動作するゲームを開発できるHTML5+JavaScriptベースのゲームエンジンです。トゥーンシェード、マルチプレイ、物理シミュレーション、アルファ合成、WebGLなど高度な技術にも対応し、容易にリッチなゲームが開発できるようになっています。無償で利用でき「9leap」というコンテストを通じて普及を図っています。

GDCのブースでは「Cording Battle」と題したイベントを定期的に実施。同社のスタッフや通りかかった開発者が参加して9分間で「enchant.js」を使ったゲーム制作に挑戦します。僅かな時間ですが、キャラクターを動かして簡単なゲームが作られていました。「飛び入りで参加してくれる人もいるのが海外イベントらしいですよね。初見で9分で作るというのはかなり大変なのですが(笑)」(清水亮社長兼CEO)

清水氏によれば「HTML5のゲームエンジンという存在はまだ競合が少ないこともあって、意外に海外でも知られている」とのこと。先だってのMobile World Congressでも同様の反応だったそうです。既に日本では商用利用も始まっていて、海外はこれからですが「大学などで教育目的では芽があるのではないか」とのこと。実際に大学で使い方を教えるケースもあるそうです。

同社のブースには若いスタッフが多かったのですが清水氏によれば「今回は入社2年目までのスタッフを連れてきました。enchant.js自体がすぐに大きなビジネスになることは考え難いのですが、プラットフォームの構築に取り組んだり、海外で紹介することはこうしたスタッフや会社全体の成長に繋がると思います。また、海外にも我々の活動が広がることは本格的に何かのビジネスを始める際には大きな財産になると考えています」とのこと。

HTML5+JavaScriptという注目の技術ということもあってかブースには人だかりができていました。「enchant.js」という日本発の優れた技術が世界で使われる日も遠くないかもしれません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  3. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

    【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  4. プロゲーマー育成コースを開設する「東京アニメ・声優専門学校」の教育方針とは…実際に行ってみた

  5. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  6. バンダイナムコHD、DeNAとの共同出資会社「BNDeNA」を解散 ― 提供ゲームもサービス終了に

  7. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  8. 次世代ゲームの作り方を模索、PS4『KNACK』開発チームインタビュー・・・GTMF 2014直前インタビュー

  9. 4つの会社の叡智が結集した『ガンダムキングダム』 Autodesk Mayaの「MEL」を用いてDCCツールを開発効率向上にフル活用

  10. 今週発売の新作ゲーム『Forza Motorsport 7』『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』他

アクセスランキングをもっと見る