人生にゲームをプラスするメディア

『デジモンワールド リ:デジタイズ』キーイラスト公開、声優陣も明らかに

ソニー PSP

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション・ポータブルソフト『デジモンワールド リ:デジタイズ』の最新情報を公開しました。

『デジモンワールド リ:デジタイズ』は、初代『デジモンワールド』へと原点回帰し復活した作品。“寿命のあるデジモンを育成しながら、異世界デジタルワールドを冒険する”という育成システムを蹈襲した育成RPGとなっています。プレイヤーは、“デジタルワールド”に飛ばされた主人公となり、その理由を探りつつ、デジモンワールドにせまる危機を回避するため、冒険することとなります。

本日は本作のキーとなるイラスト、声優陣が公開されたほか、トレーニングルームの情報などが解禁となりました。

今回公開されたキーイラストは、主人公をはじめとするメインキャラクターとデジモンたちが勢揃いしたイラスト。主人公、久我ユウヤ、鈴童アキホ、ニコライ・ペトロフ、御神楽ミレイの5人が描かれています。そして、これらキャラクターの声を務めるのは、白石涼子(主人公)、甲斐田ゆき(久我ユウヤ)、佐藤聡美(鈴童アキホ)、日野聡(ニコライ・ペトロフ)、沢城みゆき(御神楽ミレイ)とのことです。

なかでも注目は、今回新たに公開となったナゾの少女「御神楽ミレイ」。クールな表情の裏に強い意志を隠しており、どうやらデジタルワールドに迫る危機の正体を知っているようです。ミレイは「エンジェウーモン」「レディーデビモン」という2体のデジモンを交互に操ります。

「エンジェウーモン」は、美しい女性の姿をした大天使型デジモン。性格はいたって穏やかですが、まがったことや悪は許しておけず、相手が改心するまで攻撃の手を緩めることはありません。

一方「レディーデビモン」は、高貴な存在の女性型堕天使デジモン。その強力無比で高純度のダークサイドパワーのため、個人の端末で育てられた例は限りなくゼロに近いといわれています。このように、まるでミレイの二面性を表すかのようなデジモンたちとなっています。

プレイヤーの育てたデジモンは、ゲーム中で24時間たつごとに1歳づつ、年をとってゆきます。外見も年をとるごとに「進化」してゆきます。「進化」するタイプは、それまでの育成過程により変化してゆきます。プレイヤーは「トレーニング」や「しつけ」の方法を変えることによって、いろいろなデジモンに育て上げられます。

そして、デジタルワールドにはデジモンを鍛える「トレーニングジム」が存在します。ジムにはざまざま設備が用意されており、すべてのステータスをバランスよく上げることができるため、育成上欠くことのできない場所となっています。冒険に出る前には、ジムで鍛錬をして下準備をしておきましょう。

『デジモンワールド リ:デジタイズ』は、2012年発売予定で価格は未定です。

※画面は開発中のものです。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通
(C)2012 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 本物の車を同梱した驚愕『グランツーリスモSPORT』バンドルが台湾で発表―4KテレビやPS VRも

    本物の車を同梱した驚愕『グランツーリスモSPORT』バンドルが台湾で発表―4KテレビやPS VRも

  2. 『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』では「PVフォト」機能がさらに強化!PS4 Proにも対応決定

    『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』では「PVフォト」機能がさらに強化!PS4 Proにも対応決定

  3. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

    『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  4. 『ドラゴンズクラウン・プロ』発売日を2018年2月8日に変更ー先着購入特典として限定デジタルゲームブックの配布が決定

  5. ソニー・ミュージックエンタテインメントが新レーベル立ち上げ─第1弾はPS4/PC/Switchに展開、『DEEMO』完全新作も

  6. 『PUBG』に続け!PS4やスマホでプレイできるサバイバルゲーム4選

  7. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  8. 『巨影都市』3大ウルトラヒーローが「ベリアル」と激突する、最新スクリーションショットを公開!

  9. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  10. 『バイオ7』ゴールドエディション国内向け最新PV―恐怖を締めくくる2つの物語

アクセスランキングをもっと見る