人生にゲームをプラスするメディア

MobageとGREEの課金率、年代が高まるほど上昇

PCゲーム ソーシャルゲーム

課金率
  • 課金率
  • 年代別課金率
  • キャリア別課金率
  • 他サイト別課金率
  • MobageとGREEの相互登録率
 シード・プランニングは17日、Mobage・GREEのスマートフォンゲームユーザー行動調査の結果を改めて公表した。調査期間は2011年12月で、Mobage、GREEのゲーム利用経験のあるユーザー各400サンプル(10代~40代の4世代を各100人ずつ)から回答を得た。

 それによると、年代別課金率、キャリア別課金率、他サイト別課金率、MobageとGREEの相互登録率などにおいて、それぞれ特徴が見られたという。まず、Mobageユーザーで、お金を「支払う」割合は、全体の20.8%、GREEユーザーは全体の17.3%となり、Mobageのほうが課金率が高い傾向がみられた。またMobageユーザーでは、「支払う」と回答した男性が60%と上回ったが、GREEユーザーでは、男性51%となり男女間の差がほとんど見られなかった。ちなみに、MobageユーザーのGREEに登録している割合は、女性のほうが男性よりも大きい。一方で、GREEユーザーのMobageに登録している割合は、男性のほうが、女性よりも大きかった。

 年代別では、Mobageユーザー、GREEユーザーとも、高年齢層ほど課金率が高まる傾向が見られた。Mobageでは、もっとも課金率の高い40代と、もっとも低い10代の間で16.2ポイントの差が、GREEでは、もっとも課金率の高い30代と、もっとも低い10代の間で7.5ポイントの差が出ている。Mobageユーザーは、GREEに登録している割合は、40代が、他の年代よりも少ない。一方GREEユーザーのMobageに登録している割合は、20代がもっとも少ないが、他の年代と比べてそれほど差異はないとのこと。

 キャリア別課金では、Mobage・GREEともにNTTドコモの課金率が高い。Mobageでは、もっとも課金率の高いNTTドコモと、もっとも低いau/KDDの間で3.6ポイントの差が、GREEではNTTドコモとau/KDDIの差が3.3ポイントあった。

 Mobage、GREEのユーザーが、スマートフォンで提供される他のゲームを利用する割合は、Mobageのユーザーが36.5%、GREEの利用者が34%である。また、その課金率は、Mobageユーザーは26%、GREEユーザーは31.4%となった。Mobageユーザー(直近1か月以内にMobageゲームのみを利用)のうち、GREEに登録しているユーザー(IDは持っているユーザー)は、40.1%。同条件のGREEユーザーのMobage登録率は30.5%だった。

MobageとGREEの課金率、年代が高まるほど上昇、キャリア1位はドコモ……シードP調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. オンラインカードゲーム『アトム:時空の果て』3月29日に全サービス終了へ

    オンラインカードゲーム『アトム:時空の果て』3月29日に全サービス終了へ

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. PC版『メモリーズオフ After Rain』が無料配信―初代&2ndも無料配信中

    PC版『メモリーズオフ After Rain』が無料配信―初代&2ndも無料配信中

  4. 『PUBG』PC版に新チート対策が正式導入!中国プレイヤーに減少傾向も【UPDATE】

  5. Steam版『世界一長い5分間』が配信開始!10%オフキャンペーンも実施中

  6. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  7. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  8. 『ファンタジーアース ゼロ』運営移管が決定、11月18日からスクエニへ

  9. PC『エルダー・スクロールズ・オンライン』アップデートパッケージ『モロウウィンド』インプレッション―新クラスで懐かしの地を冒険!

  10. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

アクセスランキングをもっと見る