人生にゲームをプラスするメディア

ジニアス・ソノリティ完全新作『電波人間のRPG』発表― ディレクターは山名学、体験版も用意

任天堂 3DS

ジニアス・ソノリティは、ニンテンドー3DSダウンロードソフト『電波人間のRPG』を2012年2月8日より配信開始すると発表しました。

『電波人間のRPG』は、あなたの周りに漂う電波人間たちを捕まえてパーティを作り、ダンジョン内を冒険させるロールプレイングゲームです。ディレクターは、『ドラゴンクエスト』シリーズをはじめとする数々のRPGのメインプログラマーやディレクターとして参加した山名学氏、サウンドディレクションは『伝説のオウガバトル』『ファイナルファンタジーXII』の音楽を手掛けた崎元仁氏が率いるベイシスケイプが担当しています。

「電波人間」は電波のまわりを漂う生きものです。ニンテンドー3DSのAR機能を利用して「電波人間キャッチ」画面で探し、捕まえることができます。「電波人間」は電波が持つ固有の情報が外見や強さ、特技に変換されるため、無限に近い種類が存在し、中にはとても能力の高い「電波人間」もいるようです。

『電波人間のRPG』は日常の中から捕えて仲間とした「電波人間」たちとパーティを組み、魔王にさらわれた大事な人をとりもどすための冒険に出かけるRPGです。攻略には、さまざまな特徴を持つ「電波人間」をうまく組み合わせ、パーティを編成する必要があります。現実のいろいろな場所で「電波人間」を捕え、仲間にしていくことが攻略のポイントとなります。

また、製品版配信に先駆けて2月1日より『電波人間のRPG 体験版』が『ニンテンドーeショップ』で配信されます。体験版ではゲームを途中までプレイすることができ、体験版で育てた電波人間や入手したアイテムは製品版に引き継ぐことも可能です。
(体験版の起動回数は30回)



『ドラクエ』シリーズのメインプログラマーやディレクターとしても有名な山名学氏が手掛ける新機軸RPG。まずは体験版でその魅力を味わってみてはいかがでしょうか。

『電波人間のRPG』は、2012年2月8日配信予定で価格は800円です。

(C) 2012 Genius Sonority Inc. All Rights Reserved.
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 2台目のニンテンドースイッチを手に入れた時の5つのメリット

    2台目のニンテンドースイッチを手に入れた時の5つのメリット

  2. 「ミニ64」で絶対収録してほしいタイトルといえば?【読者アンケート】

    「ミニ64」で絶対収録してほしいタイトルといえば?【読者アンケート】

  3. 「『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』で1番遊んだor遊んでみたいタイトルはどれ?」結果発表―1位に輝いたのはあのヒーローたち【読者アンケート】

    「『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』で1番遊んだor遊んでみたいタイトルはどれ?」結果発表―1位に輝いたのはあのヒーローたち【読者アンケート】

  4. 『スプラトゥーン2』第11回フェスのマッチングは初心者にとって厳しすぎた!? いったいどのような不具合があったのか

  5. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  8. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  9. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  10. 『ゼノブレイド2』更新データ&「エキスパンション・パス」向け追加クエストが5月25日より配信

アクセスランキングをもっと見る