人生にゲームをプラスするメディア

開発期間は3年、DSiウェアからスタートした『いつの間に交換日記』社長が訊く

任天堂ホームページに『いつの間に交換日記』の社長が訊くが掲載されました。

任天堂 3DS
ニッキーから届いた新年の挨拶(任天堂オフィシャル画像)
  • ニッキーから届いた新年の挨拶(任天堂オフィシャル画像)
任天堂ホームページに『いつの間に交換日記』の社長が訊くが掲載されました。

配信開始から1ヵ月が経ち、既に多くの3DSユーザーが楽しんでいると思いますが、今回その制作秘話が公開されました。

『いつの間に交換日記』は、ニンテンドー3DSダウンロードソフトとして任天堂が無料提供しているソフトです。3DSフレンド同士で手描きメッセージのやり取りが出来るのが特徴。海外では『Nintendo Letter Box』と言う名称となっています。

開発を担当したのは、過去に「ポケモンミニ」ソフトやWiiの『出前チャンネル』、3DSの「ゲームメモ」などを手掛けている電遊社。

企画のスタートは「DSiのダウンロードソフトが少ない」と言う所から始まっており、そこで「絵日記」ソフトとして作り始めたのが『いつの間に交換日記』の原点。当初は3ヶ月で作ろうと計画されてたものの、結果ニンテンドー3DSへ変更し「3年費やして完成した」と語られています。

当時、任天堂ネットワーク事業部では『ニンテンドーゾーン』のビューアを制作中で、そこで書いた文字がアニメーションで動く「筆跡アニメーション」のアイディアが詰め込まれていましたが、『いつの間に交換日記』で採用することに。これが現在の筆跡アニメーションになります。

開発が終了してあとはデバッグのみと言う段階に入り、2009年末に配信しようと思えばできたものの、DSiウェアでは配信見送りされました。サーバーから日記チェックをした際に何もなかった時のガッカリ感を解決できたのは、「いつの間に通信」がニンテンドー3DSに搭載される話が出たことによって。3DS用に作り直し、現在の『いつの間に交換日記』の形になったという訳です。

3DSソフトになったことで、立体を活かした絵日記が書けるように。その際、複雑になると敷居が高くなる為、あえてシンプルな機能に限定したそうです。

インタビュー後半では3DSになったことによる恩恵や、ニッキーのオーディション話など、制作の裏話が語られていますのでぜひチェックしてみてください。

なお、インサイドでは『いつの間に交換日記』を使った紹介記事を掲載中です。こちらもあわせてご覧ください。

【ニンテンドー3DS活用術】手書きメッセージ・3D写真交換!ゆるくソーシャルコミュニケーション『いつの間に交換日記』


【女子もゲーム三昧】3DS『いつの間に交換日記』は日記というより大喜利状態!?

【レビュー】『いつの間に交換日記』すれちがい通信を利用して日記を交換してみた


『いつの間に交換日記』は、好評配信中で価格は無料です。

(C)2011 Nintendo
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

    任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

  2. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  3. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

    任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  4. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  5. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  8. カプコンのスイッチ向け人気タイトルがBest Price版になって発売決定!『モンハンXX』『ウルストII』の2作品

  9. 任天堂の不思議なキャラ10選

  10. スイッチ版『Diablo III: Eternal Collection』の本体バンドルが海外発表! 専用キャリングケースも付属

アクセスランキングをもっと見る