人生にゲームをプラスするメディア

リムーズでリアルに『マックス・ペイン3』進化した「バレットタイム」とは

ソニー PS3

ロックスター・ゲームスは、2012年春発売予定のPS3/Xbox360ソフト『マックス・ペイン3』の最新情報を公開しました。

『マックス・ペイン3』は「シネマチック・アクションシューティング」の最新作。最新版のNatural Motion物理エンジンとロックスター・ゲームス独自のRAGEゲームエンジンを用いることでシームレスなアクションシーンを実現しているとのことです。その結果、武器の種類が豊富かつリアルになり、「自動カバーシステム」や「バレットタイム」といったシステムが向上しているといいます。

バレットタイムは同シリーズにおいて、ゲームプレイのコアとなる欠かせない要素です。ゲームはバレットタイムを活かすことを軸に構成されており、一発一発の銃弾はリアルタイムで物理的に演算されます。また、シュートドッジはかつてシンプルなアニメーションでしたが、今作ではマックスが周囲の環境に合わせ、スムーズでリアルに動くよう進化しています。

さらに敵のAIは、そのキャラクターが、訓練を受けていない街のチンピラか貧民街のギャングか特殊部隊かで、まったく別の行動を取るとのこと。数千ものAI戦闘アニメーションがあり、同じ銃撃戦の繰り返しだと感じさせない工夫があるといいます。

「フルオート・バレットタイム」と呼ばれる映画的演出も改良。シネマティックな瞬間を創り出すため、自動的にバレットタイムが発動する箇所は多数用意されているとのこと。

システム面ではシリーズファンを納得させるのに十分な要素が詰まっていそうです。

『マックス・ペイン3』は、2012年春発売予定で価格は未定です。

(C)2011 Rockstar Games, Inc.
《D》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

    PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 『モンハン:ワールド』全世界出荷数1,000万本突破!シリーズ累計販売本数は5,000万本を記録

    『モンハン:ワールド』全世界出荷数1,000万本突破!シリーズ累計販売本数は5,000万本を記録

  4. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  5. 『シェンムー3』gamescom 2018にて新発表を予定! 映像も準備中

  6. PS4本体購入で『フォートナイト』限定スキンとV-Bucksがもらえるキャンペーンが8月23日より実施

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  9. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』の「New Game+」が8月中に海外配信! 無料アップデートで追加

  10. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る