人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスAQL、グローバル展開の推進を目的とした海外事業部を設立

マーベラスAQLは、「グローバル戦略室」を発展的解消し、新たに「海外事業部」を2012年1月1日付けで設立すると発表しました。

ゲームビジネス 人材
マーベラスAQLは、「グローバル戦略室」を発展的解消し、新たに「海外事業部」を2012年1月1日付けで設立すると発表しました。

今回の設立は、オンラインゲームやコンシューマゲームのグローバルな展開を推進していくことを目的としています。インターネットを通じたグローバル志向が求められる中、同社は「世界を驚愕させるコンテンツプロバイダーになる」という経営ビジョンを掲げ、ワールドワイドに多彩なコンテンツを配信していきます。

今後は日本初のオリジナルコンテンツにおける北米・奥州・アジアへの販売強化を進め、コンテンツの収益最大化とともに他社コンテンツの獲得や販売強化によって収益増大を図っていくとのことです。

すでに米国地域については、米国子会社XSEED JKS,Inc.との連携強化や米国法人のソーシャルゲーム会社であるCheckpoint Studios Inc.に資本参加し、海外コンテンツの獲得を進めています。
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

    チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  3. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  5. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  6. 室蘭市長選に任天堂勤務の川畑氏が出馬へ

  7. 挑戦的すぎる任天堂−懐かしのCM

  8. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  9. テーブルトークRPG好きにはたまらない? ブラウザで遊ぶ本格ゲーム『英雄クロニクル』をプレイした

  10. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』のコホリント島を3D化

アクセスランキングをもっと見る