人生にゲームをプラスするメディア

PlayStation Vita版ならではの機能も盛り沢山!『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』

ゲームビジネス 開発

マーヴルコミックスとカプコンのヒーローたちが夢の共演果たす格闘アクションゲーム『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』が、PS3/Xbox360に続いて、いよいよPlayStation Vitaでも発売開始となりました。



「スパイダーマン」や「ウルヴァリン」など、漫画だけに留まらず映画などでもお馴染みの「マーヴルコミックス」のヒーローたちと、「リュウ」や「モリガン」、意外な参戦「成歩堂龍一」などカプコンのゲームに登場するさまざまなヒーローたちが奇跡の大集結。ダウンロードキャラクターを含めて総勢50キャラクターが激突します。

マーヴルコミックスとカプコンのヒーローたちが大集結


PlayStation Vita版には、PS3版やXbox360版では体験できないさまざまな機能や要素が搭載されています。

設定により「タッチパネル操作」を行うことが可能です。「ハイパーコンボゲージ」をタップすれば「ハイパーコンボ」が繰り出され、「X-アイコン」をタップすれば「X-ファクター」が発動。アイコン以外の画面をタップすれば通常攻撃ですが、連打すれば「チェーンコンボ」へと繋がります、格闘ゲームが苦手な人でも上級者に臆することなく直感的に遊べそうです。

ゲーム開始前に設定タップ操作で簡単発動
ハイパーコンボ、X-ファクター、通常攻撃→チェーンコンボも手軽に


PlayStation Vita本体に内蔵されている「near」機能を利用することで「ヘラルドカラー」をプレゼントしたり受け取ったりすることができます。PSVita版だけのオリジナルカラー「ゴールドヘラルドカラー」は、ぜひ全てのキャラクターで揃えたいところですね。

黄金に輝くゴールドヘラルドカラー!
送る場合はギフトに配信登録受け取る際は通知が届きます


「Wifi機能」ももちろん搭載。「観戦モード」も用意されているので、外出先でもWifi機能を通して簡単に「対戦」「観戦」を行うことができます。

観戦で上手い人の技術をがっつり学んじゃいましょう


持ち運べるPlayStation Vitaならではの機能で手軽なプレイはもちろん、据え置き機に全く劣らないクオリティを実現している本作。初心者の方も上級者の方も大満足の完成度とボリュームに仕上がっています。

PlayStation Vita版『ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3』は、好評発売中。価格はカード版が4,800円(税込)、ダウンロード版が4,300円(税込)です。

(後半は実際にプレイしていきます!)


《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  3. ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

    ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  7. ミストウォーカー、新作タイトルで現代アーティストの小松美羽とコラボを実施 ─ 個展には描き下ろし作品が展示中

  8. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  10. リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

アクセスランキングをもっと見る