人生にゲームをプラスするメディア

任天堂・宮本茂氏、現在のポジションから引退し「ゲーム開発の最前線に戻る」

任天堂の宮本茂氏はWired.comの独占インタビューに答え、専務取締役情報開発本部長として多くのゲームを監修する立場から離れ、より小さな、より個人的なプロジェクトに携わる事を明らかにしました。今後も任天堂には残るものの、現在のポジションでは無いようです。

任天堂 Wii
 
  •  
  •  
  •  
  •  
任天堂の宮本茂氏はWired.comの独占インタビューに答え、専務取締役情報開発本部長として多くのゲームを監修する立場から離れ、より小さな、より個人的なプロジェクトに携わる事を明らかにしました。今後も任天堂には残るものの、現在のポジションでは無いようです。

「社内では繰り返し"引退する、引退する"と宣言してきました。でもゲーム開発から引退するわけではありません。引退するというのは、今のポジションから、という意味です。もう一度ゲーム開発の最前線に戻りたいと思っています。おそらく、より小さなプロジェクトを若い開発者とすることになるでしょう。あるいは、一人で創る事にも興味があります。本当に小さなものを、です」

宮本氏は可能であれば2012年にスタートし、1年以内に公開できることを望んでいることを明らかにしました。

引退を後押ししたのは後進の成長もあるようです。宮本氏は『ゼルダの伝説スカイウォードソード』や『スーパーマリオ3Dランド』の出来には満足していると言い、自身が残ることで、いつまでも自分の言葉やアイデアが影響を与え過ぎてしまうことを心配しているとしました。とは言え、まだまだ後輩を育てる仕事は残っていることから、新しいプロジェクトは若いスタッフと始める意向のようです。

近年のタイトルは宮本氏の代表的なタイトルであっても、『ゼルダの伝説スカイウォードソード』は青沼英二氏、『スーパーマリオ3Dランド』は小泉歓晃氏がプロデューサーを務めており、宮本氏は現場というよりはスーパーバイザー的な立場で開発に携わってきました。既にこうしたゲームを作れるスタッフは自分以外にも十分であり、自身は新しいものにチャレンジしたいということかもしれません。

宮本氏は過去にも自身の引退について問われ、年齢的な理由などによって会社を去る日が来るかもしれないが、クリエイティブな仕事に引退はないと考えており、今よりも歳を取っても何らかの形でゲーム開発を続けていると思う、と発言していました。

「いろいろやりたいことがあるんです」と不敵な笑みを浮かべたという宮本氏。恐らく長年務めた情報開発本部長という職から離れることになるものと思われますが、今後の活躍にも期待が集まりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  2. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 『あつまれ どうぶつの森』を親子や友達とプレイする方法は?必要な本体・ソフト数など、マルチプレイ周りの内容を解説!

  5. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  6. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  7. スイッチ版も配信開始された宇宙人狼『Among Us』最初に覚えたい10のコツ!

  8. 『あつまれ どうぶつの森』マルチプレイをさらに楽しむ10のコツ! 準備しておけば一緒に遊ぶのがさらに楽しく

  9. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  10. 太ももに釣られて『ライザのアトリエ2』を始めた筆者が、つい前作に手を伸ばしたシンプルな理由ー回り道こそ贅沢な幸せ

アクセスランキングをもっと見る