人生にゲームをプラスするメディア

『ヒーローズファンタジア』英雄達と敵対するキャラクター大魔導士「アーヴィン」がいよいよ公開

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション ポータブルソフト『ヒーローズファンタジア』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション ポータブルソフト『ヒーローズファンタジア』の最新情報を公開しました。

今回は追加キャラクター、追加システムが公開されました。

『ヒーローズファンタジア』は、人気アニメ作品10作品を混載した、クロスオーバーRPG。1990年代~2000年代アニメから「魔術士オーフェン」「魔法戦士リウイ」「R.O.D -READ OR DIE-」「スクライド」「ケロロ軍曹」「舞-HiME」「BLOOD+」「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」「スレイヤーズREVOLUTION」「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」の10作品のキャラクターが登場し、「現実世界」と異世界「アドロアス界」が交錯した世界を舞台に、多重攻撃入り乱れる迫力のバトルシーンが繰り広げられます。

今回は新たに、杉浦碧(舞-HiME)/クルル曹長(ケロロ軍曹)/ドロロ兵長(ケロロ軍曹)/ミレル(魔法戦士リウイ)/ジーニ(魔法戦士リウイ)/アメリア=ウィル=テスラ=セイルーン(スレイヤーズREVOLUTION)たちの登場が発表。各キャラのバトルシーン、さらには必殺技のスクリーンショットも含めて一挙公開となりました。

さらに、主人公たちや英雄達と敵対するキャラクターの詳細がいよいよ判明。ヤップ=ナー王国の大魔導士「アーヴィン」、若き魔導騎士「レッド」「アプトリオ」たちのビジュアルが公開です。

大魔導士「アーヴィン」は、十年前、姫を除いた王族が赤い霧に倒れてからは、実質上の最高権力者として国政を取り仕切っている人物。痩身の美丈夫で、勇敢で決断力のあるリーダーシップとカリスマ性を見せる一方で、独善的な理想主義者としての一面も併せ持っています。

「レッド」は、アーヴィンに使える若き魔導騎士にして名門貴族。家に封印されていた禁断の魔導器「二連粒子砲コンプレント・インサーン」の封印を解き、戦場にて武勲を上げました。その素顔は美形ですが、やや険のある印象を他者に与えます。正義感の強い青年で、アーヴィンの強硬な姿勢に敬意を抱いており、魔導騎士団を率い、ヒーローたちと激突します。そして実はセリッシュ姫の婚約候補者でもありました。

「アプトリオ」も、レッド同様にアーヴィンに使える若き魔導士で、褐色の肌、白い髪の美女です。遊牧民族、モッドリーフ族の出身であり、幼い頃、外交特使として訪れていたアーヴィンに魔導士としての才覚を認められ、彼の配下の魔導士の養子となりヤップ=ナーにやってきました。祖国が変わったその直後に赤い霧の災厄を経験しており、その際に故国は壊滅してしまいました。そのため、自身の強運を過剰に信じているとのこと。養家であるカルダナの名は名乗らず、モッドリーフの慣例に逆らい父の名も捨て、他人にはただアプトリオと呼ばせています。

そして今回、ヒーローが復活する「英雄モード」が搭載されていることが明らかに。バトル中にHPが0になると「戦意喪失」となり、ピンチに陥ります。しかしHPが50%以上あれば、「リバイブ」が発動し、奇蹟の復活が発動します。しかもHPが100%のときにリバイブしたら、各ヒーローのテーマ曲と共に「英雄モード」が発動。無敵状態となり、敵を撃破します。

『ヒーローズファンタジア』は2012年1月19日発売予定。価格は通常版が6,280円(税込)、限定版「リミテッドエディション」が9,980円(税込)です。

※画面は開発中のものです。

(C)秋田禎信・草河遊也/角川書店・TBS
(C)神坂一・あらいずみるい/富士見書房/スレイヤーズR製作委員会
(C)サンライズ
(C)BONES・岡村天斎/DTB製作委員会・MBS
(C)BONES・岡村天斎/DTBG製作委員会・MBS
(C)水野良・横田守/魔法戦士リウイ製作委員会
(C)吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS・BV
(C)2001,2002 スタジオオルフェ/アニプレックス
(C)2005 ProductionI.G・Aniplex・MBS・HAKUHODO
(C)2011 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

    PS VR、最近はどうですか?―SIEWWS・吉田修平氏インタビュー【TGS2018】

  3. 「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

    「キムタクを動かせる」想像できない未来を実現した『JUDGE EYES』―名越総合監督と細川Pに訊く【TGS2018】

  4. 【吉田輝和のTGS絵日記】PSVRリズムアクション『Beat Saber』気分はジ◯ダイの騎士!

  5. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  6. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  7. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  8. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  9. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  10. 『JUDGE EYES:死神の遺言』オープニングムービーが公開!「TGS 2018」への出展情報も

アクセスランキングをもっと見る