人生にゲームをプラスするメディア

Moveが成長、Wiiがトップに・・・アナリストがホリデーシーズンの動向を予想

アメリカでは今週金曜日よりブラック・フライデーが始まり、ゲーム市場が一気に加熱する時期が目の前まで迫っていますが、そんな中、お馴染みのアナリストMichale Pachter氏が、海外サイトIndustry Gamersにて、今年の商戦の動向を新たに予想しています。

ゲームビジネス 市場
  • PlayStationMove モーションコントローラ&サブコントローラ
  • Kinect for  Xbox360
国内ではクリスマスやお正月といった年末商戦はまだ少し先ですが、アメリカでは今週金曜日よりブラック・フライデーが始まり、ホリデーシーズン商戦へ向け、ゲーム市場が一気に加熱する時期が目の前まで迫っています。そんな中、お馴染みのアナリストMichale Pachter氏が、海外サイトIndustry Gamersにて、今年の商戦の動向を新たに予想しています。

Pachter氏はまず、現在のPS MoveとKinectセンサーの位置づけを「Wiiの上位交換版」であるとコメント。PS Moveにおいては、Wiiとほぼ同種のプレイを体験出来る事が、スムーズなHDコンソールへの移行に役立っている事を示唆しました。同氏によれば、過去にWiiをプレイしていたユーザーは年を取り、裕福になり始めているとのことで、今後はこういった層がHD体験を求めてPS3とMoveを購入すると予想しているようです。

続けてPacther氏はコンソール機の売り上げについても言及。当初存在していたPS3、Xbox 360、Wiiの価格差は縮んでおり、2つのHDコンソール機がさらに普及していくと見ているようですが、ホリデーシーズンにあたる今年の11月、12月においては、Wiiがなおトップに君臨すると考えているようです。なお携帯機市場においては、任天堂が間違いなく勝者になるだろうとのこと。(注: 海外ではPS Vitaは2012年2月にローンチ予定)

他にもPacther氏は、Sledgehammerの協力を得たInfinity Wardの『Modern Warfare』新作が2013年に登場。新型Xbox 360は2014年まで披露されない。Wii Uの先日の噂について、Originは完璧では無いが任天堂がオンライン市場へ踏み出すスタートにはなった、と同サイトにて各種予想や見解を示しています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  3. ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

    ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

  4. 3D仮想空間「セカンドライフ」の生みの親、新たなVR仮想空間の最新デモ動画を公開

  5. 【Unite Japan 2014】初音ミクが人気ロックバンド「BUMP OF CHICKEN」とコラボ、PV制作に使われたUnity

  6. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  7. 今、e-Sportsは富山がアツいーキーマンとなる堺谷陽平氏とCygames森慶太氏に聞く、地域振興としてのe-Sportsとは

  8. 【CEDEC 2012】ハンソフト、カプコンへプロジェクト管理ツール「Hansoft」を提供

  9. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  10. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

アクセスランキングをもっと見る