人生にゲームをプラスするメディア

AKB48小嶋陽菜が敵地へ潜入?!新たな情報も飛び出した『METAL GEAR SOLID HD EDITION』CM発表会

ソニー PS3

パッケージを手に並ぶ2人
  • パッケージを手に並ぶ2人
  • 『METAL GEAR SOLID HD EDITION』CM発表会
  • 司会の森一丁氏
  • コナミ/セールス&マーケティング本部本部長 古川真一氏
  • 小島プロダクション/小島秀夫氏
  • AKB48/小嶋陽菜さん
  • CMについてコメントする2人
  • 新CMの映像
KONAMIは、PS3/Xbox360ソフト『METAL GEAR SOLID HD EDITION』のTVCM完成発表会を開催しました。

まずはコナミデジタルエンタテインメント セールス&マーケティング本部本部長の古川真一氏より「来年の夏にで25周年を迎える『METAL GEAR SOLID』シリーズは、長い間ファンに愛されているシリーズです。今回は若い世代にもプレイしてほしいとのことで、若い人たちに人気の高いAKB48 小嶋陽菜さんをCMに起用しました。これをきっかけにさまざまな世代に楽しんでほしいです」と挨拶。

続いて、コナミデジタルエンタテインメント 小島プロダクション監督である小島秀夫氏が登場しました。『METAL GEAR SOLID HD EDITION』の発売を明日に控え、非常に興奮した様子です。何故、今『HD EDITION』なのかという質問に対し「以前、ゲームはハードや時代ごとの操作感に依存するため、リメイクはするべきではないと答えていました。その時代の人しか楽しめないと。しかし、今では技術が大幅に進歩して、ビデオやDVDがBlu-rayとなって映画館のようなクオリティを手軽に楽しめるようになりました。こうした「時代感」をそのままの形でを残して、きれいに遊びやすくしたものが『HD EDITION』です。こういう形での提供も、そろそろいいかなと思いました」

「来年は25周年ということで、自分も年を重ねてきていますし、ファンの年齢層も上がっています。そこで若い人にもプレイしてほしいということで、2010年4月に『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』をPSPで発売しました。結果、女性を含め多くの若い人たち、さらに子どもとお父さんといった世代を超えて交流しているのを見て、とても嬉しく思います。『METAL GEAR SOLID HD EDITION』は、今プレイすると当時では分からなかったことも分かりますし、かなりのボリュームがあるので年末までたっぷり遊んでほしいですね」とコメントしました。

そして、11月22日から放映となるTVCMが公開。迷彩服に身を包んだAKB48の小嶋さんが、『METAL GEAR SOLID』の世界さながらに敵地へ潜入。しかし携帯電話が鳴り響き、敵に見つかってしまうといったコミカルなものです。

ここで、会場にも「潜入」した小嶋さんが迷彩服で登場。CMについては「1人でCMは初めてなので、緊張しました。AKBでは可愛い衣装が多くので、迷彩服も初めてです。バンダナもつけたことがほとんどないので、気合いが入りますね」と笑顔をみせました。

小嶋さんの起用には、若い人にもっと『METAL GEAR SOLID』シリーズに親しんでほしいという狙いがあったという小島監督。「小島プロダクションは今、大きなプロジェクトを抱えていて、なかなか雪解けがきません。そんな小島プロダクションに『春が来る』ということで『こじはる』です」というコンセプトに繋がったそうです。小嶋さんは「CMの話を聞いた時は、自分でいいのかなと思いました。でも小島監督の名前を知って、この繋がりなのかなと思ったら、本当にそうだったみたいで。小嶋という名前で良かったです」と感想を述べました。

小島監督も同席したCMの撮影所は、ショートフィルムが撮れそうなほど造り込まれた内装になっていたそうです。CMの最後で「5時に秋葉原」という小嶋さんですが、当日も撮影の後は秋葉原で公演が控えていたというハードなスケジュールのなかだったとのこと。

撮影の中で、初めて『METAL GEAR SOLID』シリーズをプレイしたという小嶋さん。今後もプレイしたいというと、小島監督はプレイがとても上手だと絶賛。「コントローラーのあらゆるボタンを使ったアクションは難しいかもしれません。でも、とっつきやすくする工夫はできますから、女性や子どものファンが増えると本当にありがたいですね。女性はキャラクターやストーリーが好きだという人が多く、恋人や旦那さんにプレイさせたという話も聞きます」

本日、11月22日は「いい夫婦の日」ということにちなんで、小嶋さんに「将来、旦那さんにするなら雷電とスネークのどっちのキャラクター?!」と質問するコーナーへ。

小島監督は「スネークは世界を救った潜入のエキスパートですね。まじめだけれど人間くさく、照れ屋だったり一途だったり。古き良き昭和のオッサンですね」とコメント。対して雷電は、冷静だけど、生真面目で単純。自分の心に誰かが入ってくるのを嫌い、刑務所と称される殺風景な部屋で生活をしてるキャラクター。「平成の現代人っぽいところがあります。以前はそんなイメージが思いつかなかったけど、今になって改めて比較すると時代によってキャラが掴めていくのは面白いですね」

キャラクターのフリップを手渡された小嶋さんが悩みながら掲げたのはスネーク。「結婚するなら面白い人がいいですし、男らしい外見や一途というのもいいです」とコメント。ちょっと意外だったけど嬉しいという小嶋監督は「雷電は真っ白なキャラなんで、今から自分色に染められますよ。スネークは絶対に言うこと聞きませんね」とフォローを入れると、小嶋さんは「自分色に染まるなら雷電もいいかも」と、どちらも選びきれない様子でした。

最後に小嶋さんは「『METAL GEAR SOLID』シリーズ初心者からプレイしましたが、CMのような「潜入ドラマ」をすごく実感しました。初めてプレイする人にもドラマ性を感じてほしいですし、今日から始まるCMと一緒によろしくお願いします」と、ゲームの楽しさをアピールしました。

ここで、ニンテンドー3DSソフト『METAL GEAR SOLID SNAKE EATER 3D』の発売日が2012年3月8日に決定したと発表。単なるリマスターではなく、3DSに最適化した操作感を感じられるようにきちんと作り直されているとのことです。

さらに、11月23日には「『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER HD EDITION』&『METAL GEAR SOLID HD EDITION』発売記念イベント」が横浜と大阪で開催されます。小島監督や声優陣とのトークショー、抽選会やサイン会といった盛りだくさんな内容となっていますので、是非参加してみてください。また、スペシャルサイトも公開中。CMのメイキング映像やプレイ動画を公開するとのことです。

最後に小島監督は「来年で25周年となる『METAL GEAR SOLID』シリーズですが、その都度、これが最後だという思いで作り上げてきました。今回の『METAL GEAR SOLID HD EDITION』は、ある種の集大成といえるソフトなので、知らなかった人や、今までプレイしてなかった人に、是非この機会に遊んでほしいと思います。昭和や平成といったという世代にあった遊び方がをして、何かを感じていただけたらと思います」と締めくくりました。

『METAL GEAR SOLID HD EDITION』は、PS2ソフト『METAL GEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY』と『METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER』のHDリメイクに加え、シリーズの原点であるMSX2版『METAL GEAR』と『METAL GEAR 2 SOLID SNAKE』を復刻収録したスペシャルパッケージです。

『METAL GEAR SOLID HD EDITION』にはPS3とXbox360でそれぞれ異なる特典が付属。PS3版にはゲームアーカイブス版『METAL GEAR SOLID』のプロダクトコード、Xbox360版には『MGS2&3』アバターアイテム利用コードが同梱されています。

これら2タイトルで以下の「メタルギア・サーガ」をプレイすることができます。

・METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER(HD)
・METAL GEAR SOLID PEACE WALKER(HD)
・METAL GEAR
・METAL GEAR 2 SOLID SNAKE
・METAL GEAR SOLID(PS3版のみ・非HD)
・METAL GEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY(HD)

『METAL GEAR SOLID HD EDITION』は、11月23日発売予定で価格は5,480円(税込)です。収録内容の個別配信となる『MGS 2 HD』『MGS 3 HD』は、PS Storeダウンロード版が各3,480円(税込)、『2』と『3』がセットになった『MGS HD』は、PS Storeダウンロード版が4,980円(税込)です。Xbox Liveアーケードでの配信は2012年6月を予定しています。

PSVita版『METAL GEAR SOLID HD EDITION』は、2012年発売予定で価格は未定です。

(C) 2011 Konami Digital Entertainment
《近藤智子》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『仮面ライダー クライマックスファイターズ』豪華ゲストと贈る生放送が決定―キバやウィザードなどの詳細も公開

    『仮面ライダー クライマックスファイターズ』豪華ゲストと贈る生放送が決定―キバやウィザードなどの詳細も公開

  2. 『アイドルマスター ステラステージ』公式生放送「ステラチャンネル第3回」で最新情報が公開

    『アイドルマスター ステラステージ』公式生放送「ステラチャンネル第3回」で最新情報が公開

  3. ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3」がコナミの新タイトル『ANUBIS Z.O.E:M∀RS』に採用

    ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3」がコナミの新タイトル『ANUBIS Z.O.E:M∀RS』に採用

  4. PS4『プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI』配信開始!―タイ産空戦ロボゲーPS4リマスター

  5. 【レポート】『バイオハザード7』無料エピソード「Not A Hero 」をPS VRで体験…撃て、殴れ、そして恐怖せよ!

  6. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  7. 【プレイレポ】3Dグラフィックとボイスで生まれ変わる『聖剣伝説2』―懐かしくもしっかり新しい

  8. 日本一ソフトウェア「ハイパー掘り出し物市 第1弾」が開催―『ボク姫PROJECT』のPS4用アバターも販売

  9. 『バイオハザード7』クリスDLCの配信日が決定!―本編後日談を描く新DLC「エンド オブ ゾイ」も

  10. 『バイオハザード7』無料DLC「Not A Hero」国内向けトレイラー!いよいよクリスが登場!

アクセスランキングをもっと見る