人生にゲームをプラスするメディア

韓国ネオウィズ、ゲームオンをTOBで完全子会社化へ・・・総額20億円

韓国ネオウィズ・ゲームズと親会社のネオウィズ・コーポレーションは、同社が筆頭株主になっている日本のオンラインゲーム運営大手ゲームオンに対して株式公開買付を実施し、完全子会社化を目指すと発表しました。

ゲームビジネス その他
韓国ネオウィズ・ゲームズと親会社のネオウィズ・コーポレーションは、同社が筆頭株主になっている日本のオンラインゲーム運営大手ゲームオンに対して株式公開買付を実施し、完全子会社化を目指すと発表しました。買付金額は総額約20億円となり、成立した場合、東証マザーズから上場廃止になる見通しです。

ネオウィズは韓国で大きなシェアを有するオンラインゲームメーカーですが、日本進出は遅れパートナーを模索していました。ネオウィズは同じく韓国のゲームホールディングスと2007年にゲームオンとの3社資本業務提携を結びましたが、ネオウィズとゲームホールディングスの関係が悪化。後にゲームオンはゲームホールディングスの持分を買い戻しました。この結果、ネオウィズはゲームオンの発行済株式の40.15%、議決権の無い自社株式を除外すると64.9%を保有する筆頭株主となっていました。

買付価格は11月2日の終値の6万円に対して47.2%のプレミアムを付けた88300円。

ネオウィズとゲームオンは、連携を強化し意思決定を迅速化することで国内のオンラインゲーム運営事業においての地位を不動のものとし、競争力を高める事ができると説明。2カ国で上場していることによるコスト負担も軽減する事ができるとしています(ネオウィズは韓国KOSDAQ上場)。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

    今週発売の新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』『GOD EATER 3』『ボーダーランズ2 VR』他

  4. 【CEDEC 2010】プラットフォームホルダーの品質管理とは?

  5. 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)

  6. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  7. 全身を使って“剣や盾を振り回す”VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS』のリアルタイム複合現実が凄い

  8. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

  9. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  10. 『クラロワ』e-Sportsに本格参入―公式プロリーグ「クラロワリーグ」を世界各地域で3月発足

アクセスランキングをもっと見る