人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、2012年3月期第2Q決算は減収減益

ゲームビジネス その他

カプコンは、2012年3月期第2四半期連結業績(2011年4月1日〜2011年9月30日)を発表しました。前年同期には大型ソフトの投入が相次いでいたため、その反動で減収減益となりましたが、カプコンによれば、当初の計画を上回る結果とのことです。

それによると、売上高292億52百万円(前年同期比28.1%減)、営業利益27億82百万円(前年同期比29.4%減)、経常利益19億7百万円(前年同期比33.8%減)、四半期純利益9億6百万円(前年同期比49.2%減)となり、減収減益となりました。

コンシューマ・オンラインゲーム事業において、『モンスターハンターポータブル3rd HD Ver.』および『バイオハザード ザ・マーセナリーズ3D』などが底堅い売れ行きを示した他、『スーパーストリートファイターIV アーケードエディション』(プレイステーション3、Xbox 360用)や『戦国BASARA クロニクルヒーローズ』(プレイステーション・ポータブル用)もおおむね計画どおりの販売数となりました。

また、モバイルコンテンツ事業においてはフェイスブックと連動して配信を行った『スマーフ・ビレッジ』が好調に推移しました。同じく投入した『ゾンビカフェ』および『リル・パイレーツ』と合せて2,000万件のダウンロード数を突破したとのことです。

なお、2012年3月期の業績予想については、2011年5月6日決算発表時の業績予想から変更なしとなっています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  2. いよいよオープン化されるアメーバとサイバーエージェントのスマートフォン全体戦略

    いよいよオープン化されるアメーバとサイバーエージェントのスマートフォン全体戦略

  3. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

    【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  4. 今週発売の新作ゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』『Nintendo Labo』『METAL MAX Xeno 滅ぼされざる者たち』他

  5. どんなゲーム会社に投資をしたくなるのか──PUSHパネルディスカッションレポート

  6. 【e-Sportsの裏側】「放送」×「ゲーム」はまだまだ伸びる―韓国ゲーム専門チャンネル放送会社のCEOが語る日本e-Sports市場のこれからとは

  7. 日本初のチーム対戦フィールドVR『攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds』がVR ZONE SHINJUKUに登場

  8. セガ、新社長に現・常務取締役の鶴見尚也氏が就任 ― グループ会社人事を刷新

  9. 最高の映像に負けない最高のサウンドはこうして作られた『ソウルキャリバーIV』インタビュー

  10. 韓国でも成功を目指すアクワイアの『ロード・トゥ・ドラゴン』・・・ユーザー目線のゲーム作りと「GMOアプリクラウド」の現地サーバーで勝負

アクセスランキングをもっと見る