人生にゲームをプラスするメディア

マッチロック、個人向け3Dエフェクトツール『BISHAMON Personal』販売開始

ゲームミドルウェア開発会社のマッチロックは、同社開発の3Dエフェクトツール&ミドルウェア『BISHAMON』を個人向けに低価格化し、『BISHAMON Personal』として販売開始しました。

ゲームビジネス その他
ゲームミドルウェア開発会社のマッチロックは、同社開発の3Dエフェクトツール&ミドルウェア『BISHAMON』を個人向けに低価格化し、『BISHAMON Personal』として販売開始しました。

『BISHAMON』は、シリコンスタジオ傘下のマッチロック社が開発した、3Dエフェクトのグローバルスタンダードを目指すゲーム用3Dエフェクト作成ミドルウェアです。 アニメーションまで含めたリアルタイム3Dエフェクトや3D UI等のグラフィックを、デザイナーにやさしいツール上で作ることができます。 付属のランタイムライブラリが、通常再生に加えてあらゆるパラメータのリアルタイム操作ができ、独自処理の挿入が可能となっています。

『BUSHAMON Personal』で、映像素材の出力、教育、学習等さまざまな分野で利用が可能。対象は、前年度年商1000万円未満の企業、個人、団体から販売されるゲームの開発、または、教育、学習等の非商用コンテンツ作成に限られています。

『BUSHAMON Personal』はスタンドアローン版が49,800円(税別)/1PCへのインストールあたり、サブスクリプション版が年間9,800円(税別)/1PCへのインストールあたりとなります。

また、『BISHAMON Personal』本体で作成したデータをアプリケーションプログラム上で再生するための組み込み用ライブラリとコンバータおよびドキュメント『BISHAMON Personal SDK』は、for iOSが19,800円(税別)/1PCへのインストールあたり、for DirectX9が19,800円(税別)/1PCへのインストールあたり、for OpenGL on Windowsが19,800円(税別)/1PCへのインストールあたりとなります。

今後はfor Unity、for XNA、for Androidの提供が予定されています。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

    テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  6. とある海外ゲームの大会出場は男性限定、eスポーツのジェンダー差別に批判殺到

  7. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  8. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  9. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る