人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】PSVitaならではのアクションに注目~『真・三國無双 NEXT』がお披露目

コーエーテクモは東京ゲームショウ2011、2日目の16日、PSVita向けの新作『真・三國無双 NEXT』の披露イベントを行いました。本ステージでは新作の情報のみならず、コーエーテクモのPSVitaへの期待感を垣間見る事のできるものとなりました。

ソニー PSV
 
  •  
  •  
コーエーテクモは東京ゲームショウ2011、2日目の16日、PSVita向けの新作『真・三國無双 NEXT』の披露イベントを行いました。本ステージでは新作の情報のみならず、コーエーテクモのPSVitaへの期待感を垣間見る事のできるものとなりました。

最初に上映されたトレイラーはPSVitaでの特徴となる指を使ったスワイプやタッチなどを強調したもの。長く続く人気フランチャイズですが、PSVitaの特徴を活かした事で新鮮な楽しみが実現されています。もちろん性能の高さと有機EL液晶を最大限に活かしたグラフィックも注目です。

ステージには本作のプロデューサーである小笠原賢一氏が登壇。『真・三國無双 NEXT』の特徴やPSVitaについて語りました。

小笠原氏によれば、『真・三国無双Next』は直感的な遊び方を追求した無双であり、PSVitaの機能を活かした内容になっているとのこと。

イベントでは新たな4つのアクションが紹介されました。最初は「新速乱舞」と呼ばれるもので、指で画面をスライドすることで敵を攻撃し、ダメージを与えます。二つ目は「ダイレクトブレイク」でゲージが溜まっている時にタッチで発動し広範囲に強力な攻撃を行います。3つ目は「アクシデンタルバトル」は戦闘中に発生するイベント。4つ目は「一騎討ち」で敵を激しいスワイプで攻撃するというアクションです。

ディレクターの庄知彦氏からは実際のゲームデモが行われ、その美麗なグラフィックや新たなアクションを見せてくれました。また、PSVitaを活かした特徴として、カメラを使って、ゲームの背景を使いながら人の写真を撮るというようなモードの紹介もありました。

『真・三國無双 NEXT』はPSVitaと同じ12月17日の発売を予定しています。
《Kevin Ngo@HatchUp》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

    『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  3. TGS 2018『デススト』ステージイベント詳細が決定!津田健次郎さん、大塚明夫さんら声優陣も登場

    TGS 2018『デススト』ステージイベント詳細が決定!津田健次郎さん、大塚明夫さんら声優陣も登場

  4. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  5. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  6. PS4『CONCEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!』発売決定!高画質化や一部演出の強化に加え、マヒルさんの性格もより親しみやすく?

  7. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  8. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  9. 『シェンムー I&II』“伝説”を愛し続けてくれるファンに感謝を… ローカライズディレクター野口氏インタビュー【TGS2018】

  10. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る