人生にゲームをプラスするメディア

【TGS 2011】ソニー、基調講演でPSVItaの開発タイトル30本の映像を公開

ソニー PSV

ソニー・コンピュータエンタテイメントは東京ゲームショウの基調講演で15日、PlayStation Vitaで開発中の新作30本の映像を公開しました。

■ソニー・コンピュータエンタテインメント
『GRAVITIY DIZE』『みんなのGOLF 6』『STARSTRIKE DELTA』『サワリ・マ・ク~ル』『WipEout2048』『リトルビッグプラネット(仮称)』『リアリティファイター』『Escape Plan(仮称)』『サウンドプラン(仮称)』『アンチャーテッドー地図なき冒険の始まりー』

■ユービーアイソフト
『MICHEAL JACKSON THE EXPERIENCE HD(仮称)』『ダーククエスト(仮称)』『LUMINES Electronic Symphony(仮称)』

■コナミデジタルエンタテインメント
『麻雀格闘倶楽部 新生・全国版』『王と魔王と7人の姫君たち~新・王様物語~』

■バンダイナムコゲームス
『リッジレーサー(仮称)』『テイルズ オブ イノセンス R』

■スクウェア・エニックス
『地獄の軍団』『ロード オブ アポカリプス』

■スパイク
『忍道2 散華』

■カプコン
『STREETFIGHTER X 鉄拳』

■アクワイア
『墨鬼 SUMIONI』

■日本一ソフトウェア
『魔界戦記ディスガイア3 Return』

■セガ
『パワースマッシュ4』

■ディースリー・パブリッシャー
『ドリームクラブ ZERO ポータブル』

■日本ファルコム
『イース セルセタの樹海』

■チュンソフト
『真かまいたちの夜 11人目の訪問者(サスペクト)』

■ガンホー・オンライン・エンターテインメント
『ラグナロク オデッセイ』

■コーエーテクモゲームス
『真・三國無双 NEXT』

■アーク・システムワークス
『BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND』

PlayStation VitaはPS史上最高の26本のローンチタイトルと共に、2011年12月17日に発売予定です。Wi-Fi/3GモデルとWi-Fiモデルが存在し、価格は各29800円/24800円。参入ライセンシーは日本76社、北米20社、欧州57社で、国内では100タイトル以上の開発が進行中です。

基調講演の詳細については後ほどレポートします。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

    【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

  2. 『聖剣伝説2 SECRET of MANA』キャライラスト&キャストが公開―道中の掛け合いを描いた幕間エピソードが収録

    『聖剣伝説2 SECRET of MANA』キャライラスト&キャストが公開―道中の掛け合いを描いた幕間エピソードが収録

  3. 【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』新フィールド&新モンスター「パオウルムー」などサプライズお披露目!

    【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』新フィールド&新モンスター「パオウルムー」などサプライズお披露目!

  4. 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ

  5. 『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』ゲーム内容の最新情報が公開―オンラインでは最大10人の白熱バトルが可能

  6. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  7. 『仁王 Complete Edition』の発売が決定―オリジナル武器やオリジナルミニサントラが数量限定で付属

  8. 『モンスターハンター:ワールド』狩りに役立つ“特殊装具”とは

  9. 【TGS2017】まつげの長さからシワまで!キャラクリ要素を紹介した『モンスターハンター:ワールド』ステージレポ

  10. 【TGS2017】大画面でもVRでも!『グランツーリスモSPORT』で史上最高のドライビング体験!

アクセスランキングをもっと見る