人生にゲームをプラスするメディア

“能力者”が集うクロスオーバーRPG『ヒーローズファンタジア』発売日決定! オリジナルキャラクターも登場

バンダイナムコゲームスは、プレイステーション ポータブル用ソフト『ヒーローズファンタジア』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション ポータブル用ソフト『ヒーローズファンタジア』の最新情報を公開しました。

『ヒーローズファンタジア』は、人気アニメ作品10作品を混載した、クロスオーバーRPG。1990年代~2000年代アニメから「魔術士オーフェン」「魔法戦士リウイ」「R.O.D -READ OR DIE-」「スクライド」「ケロロ軍曹」「舞-HiME」「BLOOD+」「DARKER THAN BLACK -黒の契約者-」「スレイヤーズREVOLUTION」「DARKER THAN BLACK -流星の双子-」の10作品のキャラクターが登場し、「現実世界」と異世界「アドロアス界」が交錯した世界を舞台に、多重攻撃入り乱れる迫力のバトルシーンが繰り広げられます。

そして『ヒーローズファンタジア』では、オリジナルキャラクターとして男性主人公「渡 英司」と女性主人公「不堂 忍」の2人の主人公が登場することが判明しました。プレイヤーは2人から物語のメインとなる主人公を選択できます。

男性主人公「渡 英司」は、沢田国際リサーチに所属するエースで、各国の諜報機関から一目を置かれている敏腕エージェント。洞察力が特に鋭く、複雑に絡み合った問題も丁寧に分析し、感情に左右されない的確な判断を下せるとのことで、父の果たせなかった願いを果たすため、異世界で活躍します。

女性主人公「不堂 忍」も、沢田国際リサーチに所属するエース。世界中の諜報機関からも知られ、テロリスト達からは恐れられているエージェントです。女性でありながら、男性にもひけをとらない高い運動能力を誇り、父の無念を果たすべく、魔導器「クラック・エンホース改」を手に異世界を駆けめぐります。

なお、各作品からは、劉鳳(スクライド)/玖我なつき(舞-HiME)/ギロロ伍長(ケロロ軍曹)/ハジ(BLOOD+)/ナンシー・幕張(R.O.D -READ OR DIE-)/ガウリイ=ガブリエフ(スレイヤーズREVOLUTION)/クリーオウ・エバーラスティン(魔術士オーフェン)/マジク・リン(魔術士オーフェン)などが登場することも判明。必殺技シーンなどが公開されました。

そして、新システム「ダイレクトアクションシフト」の詳細も判明。本作では、バトルに参加可能な味方の内、4人が、それぞれPSPの△○×□ボタンに対応したフォーメーションになっており、直接操作できる「ダイレクトアクションシフト」を採用。方向ボタンの入力に応じて配置されたキャラクターが変化し、多彩なキャラクターをバトル中に操作することが可能です。

AP(アクションポイント)考慮して、限界まで攻撃を組み合わせることが可能な他、ダイレクト操作でアクションの内容や効果が変化。連携数と参加人数によってダメージが増加します。

ボタンの追加入力でアクションが発展・強化される「チェーンアクション」、シフトチェンジを駆使して連携攻撃に全員が参加すると発生する「クロスオーバーボーナス」、対応したボタンの溜め入力でキャラクターステータスが上昇・強化する「オーバーチャージ」などのアクションがあります。

また、限定版も発売決定。自由な組み合わせでバトルシーンを楽しめる「バトルエディット」機能、一部のイベントシーンをフルボイス化した「スペシャルイベントシーン」、「デジタル設定資料」など、さまざまなコンテンツを収録した“スペシャルゲームUMD”が付属する予定です。

さらに、Newtype編集部が制作した冊子“Newtype-ヒーローズファンタジアエディション-”も同梱。ヒーローズファンタジアに登場する作品の紹介記事の他、この本でしか読めない魅力的なコンテンツを多数収録!Newtype編集部制作による「ヒーローズファンタジア」のためのNewtypeです。さらにヒーローズファンタジアに収録される魅力的な楽曲の数々を収録したスペシャルサウンドトラックCDも付属します。

なお、9月15日~18日に開催される東京ゲームショウ2011では、ティザーPVが公開される予定となっています。

『ヒーローズファンタジア』は2012年1月19日発売予定。価格は通常版が6,280円(税込)、限定版「リミテッドエディション」が9,980円(税込)です。

※画面は開発中のものです。

(C)秋田禎信・草河遊也/角川書店・TBS
(C)神坂一・あらいずみるい/富士見書房/スレイヤーズR製作委員会
(C)サンライズ
(C)BONES・岡村天斎/DTB製作委員会・MBS
(C)BONES・岡村天斎/DTBG製作委員会・MBS
(C)水野良・横田守/魔法戦士リウイ製作委員会
(C)吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS・BV
(C)2001,2002 スタジオオルフェ/アニプレックス
(C)2005 ProductionI.G・Aniplex・MBS・HAKUHODO
(C)2011 NBGI
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『マキオン』これから始める人に送る機体選びのポイント!素直なメイン射撃を持つコスト3000 or 2500の機体が狙い目

    PS4『マキオン』これから始める人に送る機体選びのポイント!素直なメイン射撃を持つコスト3000 or 2500の機体が狙い目

  2. PS4『マキオン』知っておくとニュータイプに一歩近づける、テクニック&考え方集─EXバーストの使い道や無駄な被弾を避けるための心得

    PS4『マキオン』知っておくとニュータイプに一歩近づける、テクニック&考え方集─EXバーストの使い道や無駄な被弾を避けるための心得

  3. 『バトオペ2』ZZガンダムに2週間乗り続けての感想あれこれ─コスト650の機体パワーは圧倒的!でも気付いたらレートが溶けていた…

    『バトオペ2』ZZガンダムに2週間乗り続けての感想あれこれ─コスト650の機体パワーは圧倒的!でも気付いたらレートが溶けていた…

  4. PS5への登場を期待したい『アンチャーテッド』シリーズを振り返る─“PLAYする映画”と呼ぶにふさわしい冒険活劇!ネイトの「マジかよ!」をもう1度

  5. 『FF14』のフリートライアルが太っ腹すぎて“イイ!”─多くの先輩プレイヤーが涙した「蒼天のイシュガルド」までガッツリ遊べる、その魅力を徹底解説

  6. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  7. 『FF7 リメイク』「バトルが難しい!」と感じるあなたにおくる10の基本テクニック!ATBゲージの管理が勝利のキモ

  8. 『モンハンワールド:アイスボーン』あの「ベヒーモス」も今なら余裕で狩れる? マスター装備で挑むソロベヒーモス戦をレポート!【特集】

  9. 「全FF大投票」で異例の躍進を遂げたエメトセルクって誰?『FF14』の“新参者”が歴代キャラを超えて「キャラクター部門」6位になった背景を探る

  10. PS4版『MotoGP 20』発売記念「webオートバイ杯」をレポート!大手バイクメーカー6社がバーチャル最速を競う

アクセスランキングをもっと見る