人生にゲームをプラスするメディア

『機動戦士ガンダムEXTREME VS.』伝統システムを継承したさらなる“極限進化”作品

ソニー PS3

バンダイナムコゲームスは、PS3ソフト『機動戦士ガンダムEXTREME VS.』の最新情報を公開しました。

『機動戦士ガンダムVS.』シリーズ最新作である『機動戦士ガンダムEXTREME VS.』は、現在アーケードゲームとして稼働中の2on2のチームバトルアクション。今回プレイステーション3に移植されることとなりました。

基本となるシステムはこれまでの「ガンダムVS.」シリーズ伝統のシステムを継承。バトルは2on2のチームバトルで先に敵チームの戦力ゲージをゼロにしたチームが勝ちとなり、方向キーの移動と4つのボタンを使用してのジャンプ、サーチとターゲット切り替え、射撃、格闘といった従来と同じ操作方法を採用するとのことです。

ステップやブーストダッシュによってあらゆる行動をキャンセルできる「エクストリームアクション」や、溜まったゲージを消費して機体を一定時間強化することのできる、一発逆転の「エクストリームバースト」などのEXシステムももちろん搭載されています。

ゲームの基本ルールは2on2のチームバトルで、勝敗を決定するのは、ゲーム画面左上に表示される「戦力ゲージ」(緑色が自チームの戦力ゲージ、赤色が敵チームの戦力ゲージ)。敵機を撃破すれば、そのコストに応じて敵チームの戦力ゲージが減少、逆に自機や僚機が撃破されれば自チームの戦力ゲージが減少してしまいます。

敵チームの戦力ゲージをゼロにすることができれば勝利となりますが、先に自チームの戦力ゲージがゼロになると、敗北。戦力ゲージがゼロにならない限り何度でも復活できることが本シリーズの一つの特徴となっています。そのため、自分だけでなく僚機の状況にも気を配り、僚機のピンチには援護するなどのチームプレイが勝利の鍵となります。

プレイは方向キーでの8方向移動、「ジャンプ」ボタンでのジャンプ、「サーチ/ロックオン」で敵機のサーチとターゲット切り替え、「射撃」「格闘」ボタンで攻撃を行うスタイルです。方向キーの上下でガード、ボタンの長押しでのチャージ格闘やチャージ射撃、複数のボタンの組み合わせで特殊射撃、特殊格闘やサブ射撃などのさまざまなアクションも行えます。

そしてあらゆる行動をキャンセルできるEXアクションには「ブーストダッシュ」と「ステップ」が存在。前者は射撃、格闘などのすべての行動をキャンセルでき、かつ長い距離を素早く移動することができます。一方後者は短い距離を素早く移動し、格闘攻撃をキャンセル可能。敵の攻撃の誘導性を無力化することもできます。両者ともブーストゲージを消費し、ブーストゲージがゼロになると無防備になってしまうので、計画的に使用しましょう。

さらに、EXゲージを半分以上溜めることで発動する事ができる「エクストリームバースト」では、一定時間機体をパワーアップさせることができます。エクストリームバースト発動中にしか使用できない技もあるので、ここぞと言うときに使用しましょう。

登場機体ですが、アーケードのCPU戦の最終ボスとして登場するガンダムVS,シリーズ初のオリジナルモビルスーツである「エクストリームガンダム」が当然ながら家庭用にもボスとして登場します。エクストリームガンダムには、射撃特化形態の「カルネージ・フェイズ」、格闘特化形態の「タキオン・フェイズ」、ファンネル特化形態の「イグニス・フェイズ」の三種の戦闘形態があり、いずれかの戦闘形態で登場します。

なお、バンダイナムコゲームスでは、9月17日より開催される「東京ゲームショウ2011」において、PS3版の特別な体験版を遊ぶことの出来る試遊台を設置予定とのこと。また、18日にはアーケード版の10周年記念大会を会場特設ステージで開催する予定となっています

『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』は、12月1日発売予定で価格は8,380円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

    『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  2. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

    『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  3. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

    『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  4. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  5. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  6. 『モンハン:ワールド』歴戦個体への閃光効果に調整、研究所での「ツタの葉」栽培可能など―4月19日アプデ内容をチェック

  7. 「『モンハン:ワールド』に期待する次の展開は?」結果発表─1位は4割超え! 多くのユーザーが求める要望とは【アンケート】

  8. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  9. 『モンハン:ワールド』マイハウスで眺めたい環境生物5選―最序盤でも捕獲できるかわいいやつら

  10. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

アクセスランキングをもっと見る