人生にゲームをプラスするメディア

はじめてのニンテンドー3DS ― 「等身大MiiさつえいARカード」で撮影に挑戦

クラブニンテンドーのオリジナルグッズのひとつに「等身大MiiさつえいARカード」という景品があるのをご存じでしょうか?

任天堂 3DS
大きさの違いは一目瞭然
  • 大きさの違いは一目瞭然
  • 上手に撮影には、ある程度距離が必要ですね
  • 通常のARカードと比べてみました
クラブニンテンドーのオリジナルグッズのひとつに「等身大MiiさつえいARカード」という景品があるのをご存じでしょうか?

これは、簡単にいえばニンテンドー3DS本体に同梱されている「ARカード」の大きい版。ARの大きさによって映し出されるキャラクターの大きさも変わるので、その名の通り”等身大”のMiiさつえいができてしまうカードなのです。

「ARカード」とは、本体内蔵の『ARゲームズ』を遊ぶためのカード。実際には存在しないのに、画面を通して見るとそこに何かがある、AR(拡張現実)を使ったゲームです。

『ARゲームズ』には「マトあて」をはじめとする6つのゲームが用意されていますが、「等身大MiiさつえいARカード」が活躍するのは「Miiさつえい」および「キャラさつえい」。それ以外のARゲームも遊べないことはないですが、あまりに大きすぎて思わぬ事故の原因となる恐れがあるため、推奨されていません。

このカード、大きさなんと約73cm×46cm!

よくお店に飾られているポスター(B2サイズ)とほぼ同じサイズといえば、想像できますでしょうか。もはやカードじゃないですね。画面に映るMiiはARの大きさに比例するので、大きいARカードを使えば、その分大きなMiiを映し出せるというワケです。

これにより、自分とほぼ同じ大きさのMiiとツーショット写真を撮ることが可能となりました。さらに嬉しいのが、もう片面が「キャラさつえい」のマリオになっていること。Mii同様、巨大なマリオが撮影できるのです。

ただし、大きいため撮影するには広い場所が必要です。最低でも、カードから2~3m離れられる場所で撮影しましょう。

この「等身大MiiさつえいARカード」は、クラブニンテンドーにて250ポイントで引き替えされています。ワンランク上の撮影の楽しみたい方、この機会に引き替えてみてはいかがでしょうか。
《kikai》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』ファイターをサポートする強力アイテム「アシストフィギュア」―初登場の新キャラたちをまとめてチェック!

    『スマブラSP』ファイターをサポートする強力アイテム「アシストフィギュア」―初登場の新キャラたちをまとめてチェック!

  2. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  3. 『DOAX』シリーズ最新版がスイッチ/PS4で発売決定―HD振動を活かした新エンジン「やわらか4D」でこれまでにない揺れを体感せよ!

    『DOAX』シリーズ最新版がスイッチ/PS4で発売決定―HD振動を活かした新エンジン「やわらか4D」でこれまでにない揺れを体感せよ!

  4. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  5. 『ポケモン ピカ・ブイ』の魅力は声優陣も狙い打ち! 当時を思い出す梶裕貴、スイッチデビューの丸山有香─悠木碧は「そう、イーブイはいる…」と熱弁

  6. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  7. 「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

  8. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. 『スマブラSP』DLCで参戦してほしいファイターは誰?【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る