人生にゲームをプラスするメディア

スクエニ、今期の販売は増加し利益も改善・・・TIW

ゲームビジネス 市場

独立系リサーチハウスのTIWは17日付のレポートで、スクウェア・エニックス・ホールディングスについて、今期の販売本数は増加し、多くのタイトルを見直したことから赤字タイトルが減少することで利益は改善していくとの見解を示しました。

同社が発表した平成23年3月期の業績は売上高1252億7100万円、営業利益73億2500万円と好調でしたが、開発タイトルの見直しやアイドスののれん代減損などで160億円の特損を計上し、最終赤字となりました。

しかしながら今期は『ファイナルファンタジー零式』『ファイナルファンタジーXIII-2』『スライムもりもりドラゴンクエスト3』『ドラゴンクエストI・II・III』『Deus Ex』などのタイトルが揃うことから販売本数は増加するとTIWでは予想。ただし、「ファイナルファンタジーは発売延期の常連でありプレイアブルな状態で見てみないと確信が持てない」と注釈を付けています。

スクウェア・エニックス・ホールディングスでは今期の業績予想として売上高1300億円、営業利益100億円、経常利益100億円、純利益50億円と開示していますが、TIWではこれを上回る売上高1340億円、営業利益110億円、経常利益110億円、純利益55億円と予想しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  2. ゲームクリエイターからの挨拶

    ゲームクリエイターからの挨拶

  3. 【読者の声】2017年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    【読者の声】2017年9月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  5. 【CEDEC 2010】スクエニ→DeNA、日本→世界・・・「イグアナ海を渡る」

  6. 【レポート】「狼と香辛料」作者・支倉凍砂の新作VRアニメ『Project LUX』を体験 ― ヒロインの声・モーションは田中あいみが演じる

  7. 『鉄拳7』が英国初登場1位!―シリーズ作として『鉄拳3』以来

  8. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  9. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  10. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

アクセスランキングをもっと見る