人生にゲームをプラスするメディア

スクエニ、今期の販売は増加し利益も改善・・・TIW

独立系リサーチハウスのTIWは17日付のレポートで、スクウェア・エニックス・ホールディングスについて、今期の販売本数は増加し、多くのタイトルを見直したことから赤字タイトルが減少することで利益は改善していくとの見解を示しました。

ゲームビジネス 市場
独立系リサーチハウスのTIWは17日付のレポートで、スクウェア・エニックス・ホールディングスについて、今期の販売本数は増加し、多くのタイトルを見直したことから赤字タイトルが減少することで利益は改善していくとの見解を示しました。

同社が発表した平成23年3月期の業績は売上高1252億7100万円、営業利益73億2500万円と好調でしたが、開発タイトルの見直しやアイドスののれん代減損などで160億円の特損を計上し、最終赤字となりました。

しかしながら今期は『ファイナルファンタジー零式』『ファイナルファンタジーXIII-2』『スライムもりもりドラゴンクエスト3』『ドラゴンクエストI・II・III』『Deus Ex』などのタイトルが揃うことから販売本数は増加するとTIWでは予想。ただし、「ファイナルファンタジーは発売延期の常連でありプレイアブルな状態で見てみないと確信が持てない」と注釈を付けています。

スクウェア・エニックス・ホールディングスでは今期の業績予想として売上高1300億円、営業利益100億円、経常利益100億円、純利益50億円と開示していますが、TIWではこれを上回る売上高1340億円、営業利益110億円、経常利益110億円、純利益55億円と予想しています。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

    コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

  2. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

    任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―49.5億から96.99億に増額

  3. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

    史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  4. 5pb.、Xbox 360『怒首領蜂 大往生』がソースコードを盗用し制作したものだったとして謝罪

  5. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第4回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  6. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

  7. 「米つかみ」トレーニングでゲームがプレイしやすくなる?ケイン・コスギ氏インタビュー─アパレルブランド チャンピオンe-Sportsウェア発売イベント

  8. 【DEVELOPER'S TALK】『ドラッグ オン ドラグーン』のスタッフが再集結!PS3とXbox360で異なる主人公を描いた『ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト』に迫る

  9. 【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

  10. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第3回 3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

アクセスランキングをもっと見る