人生にゲームをプラスするメディア

「任天堂ゲームセミナー2010」受講生作品、本日よりAチームの作品が配信開始

任天堂は、学生を対象にゲーム作りを実際に体験してもらう為のセミナー「任天堂ゲームセミナー」2010年度の作品を2010年4月13日より順次配信することを発表しました。

任天堂 DS
「任天堂ゲームセミナー2010」受講生作品、本日よりAチームの作品が配信開始
  • 「任天堂ゲームセミナー2010」受講生作品、本日よりAチームの作品が配信開始
任天堂は、学生を対象にゲーム作りを実際に体験してもらう為のセミナー「任天堂ゲームセミナー」2010年度の作品を2010年4月13日より順次配信することを発表しました。

任天堂ゲームセミナーでは、学生たちが4つのチームに分かれ、10ヶ月で1本のニンテンドーDSソフトを作ります。

2010年度の作品は、『プラネタリア』『The TENTAI-Show(ザ テンタイショー)』『Pull Pull Pullpy(プルプルプルピィー)』『FloWooooT(フロウート)』の4タイトルが出来ました。

配信場所は、Wii『みんなのニンテンドーチャンネル』、「DSステーション」、「ニンテンドーゾーン」の3箇所です。配信スケジュールは以下の通り。

■『みんなのニンテンドーチャンネル』
・『プラネタリア』2011年4月13日~4月26日
・『The TENTAI-Show(ザ テンタイショー)』2011年4月27日~5月10日
・『Pull Pull Pullpy(プルプルプルピィー)』2011年5月11日~5月24日
・『FloWooooT(フロウート)』2011年5月25日~6月7日

■「DSステーション」
・『プラネタリア』2011年4月14日~4月27日
・『The TENTAI-Show(ザ テンタイショー)』2011年4月28日~5月11日
・『Pull Pull Pullpy(プルプルプルピィー)』2011年5月12日~5月25日
・『FloWooooT(フロウート)』2011年5月26日~6月8日

■「ニンテンドーゾーン」
・『プラネタリア』2011年4月15日~4月27日
・『The TENTAI-Show(ザ テンタイショー)』2011年4月28日~5月12日
・『Pull Pull Pullpy(プルプルプルピィー)』2011年5月13日~5月26日
・『FloWooooT(フロウート)』2011年5月27日~6月9日

Aチームが制作した『プラネタリア』は引力アクションゲーム。引力で彗星を導いて星の海を渡るという内容。画面をタッチすると引力が発生。彗星が引き寄せられます。惑星の周りを1周するさせると彗星の力で惑星が復活します。ゲームは宇宙にある全ての惑星の光を取り戻すのが目的となります。

青い隕石は当たっても跳ね返るだけで平気ですが、赤い隕石にあたるとダメージを受けてしまいます。引力を上手に扱いながら進むのがコツのようです。

学生たちが作ったゲーム、ぜひダウンロードしてプレイしてみてください。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

    『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  3. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

    『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  8. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  9. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  10. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る