人生にゲームをプラスするメディア

シリコンスタジオ、『真・三國無双6』に「YEBIS」を採用

ゲームビジネス 開発

『真・三國無双6』の店頭体験会が全国各地で実施
  • 『真・三國無双6』の店頭体験会が全国各地で実施
シリコンスタジオは、同社が開発したポストエフェクトライブラリ「YEBIS」(ヱビス)が、コーエーテクモゲームスのプレイステーション3ソフト『真・三國無双6』に技術採用されていることを発表しました。



『真・三國無双6』は、コーエーテクモゲームスのタクティカルアクションシリーズ最新作。ポストエフェクトライブラリ「YEBIS」は、同作の魅力である「三國志の世界に入り込んだかのような臨場感」と、「一騎当千の爽快感」をビジュアル面から向上させるツールとして採用されたとのこと。同作は、コーエーテクモゲームスが「YEBIS」を採用して開発した初のタイトルになります。













YEBISは、マルチプラットフォーム対応のゲーム開発用ポストエフェクトライブラリ。グレア処理や被写界深度処理(デフォーカス表現)、光学シミュレーション、カラー補正といったHDR(High Dynamic Range)レンダリングを活用したポストエフェクトを、簡単なAPIコールだけで実現できるといいます。また、LDR(Low Dynamic Range、非HDR)でレンダリングされたシーンに対して擬似HDRレンダリングによるエフェクトをかけることもできるとのこと。

こうした下支えがあって、大作と呼ばれる作品は出来あがっていくのですね。

『真・三國無双6』は、好評発売中で価格は7,560円(税込)です。

(C)TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.
《D》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

    【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

  2. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

    県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  3. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  4. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  5. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  6. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  7. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  8. 「まどマギ」などのゲームを開発していたネクストリーの破産開始が決定

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

アクセスランキングをもっと見る