人生にゲームをプラスするメディア

任天堂岩田社長と糸井重里、『MOTHER4』について語る

コピーライターの糸井重里氏を特集した雑誌「BRUTUS」に、『MOTHER4』について岩田社長との対談が掲載されるそうです。

任天堂 GBA
MOTHER3
  • MOTHER3
コピーライターの糸井重里氏を特集した雑誌「BRUTUS」に、『MOTHER4』について岩田社長との対談が掲載されるそうです。

「糸井重里特集号」と題した「BRUTUS」最新号は、糸井重里氏を2ヶ月密着取材したという内容。その中に任天堂の岩田社長との対談が4ページにわたって掲載されるとのこと。

テーマは「『MOTHER4』は出ないのか?」



『MOTHER』シリーズは全部で3作発売されています。ファミコンソフト『MOTHER』、スーパーファミコンソフト『MOTHER2 ギーグの逆襲』、その2作を1本にまとめてゲームボーアドバンスに移植した『MOTHER 1+2』、そして『MOTHER3』です。

『MOTHER3』は、スーパーファミコンでまず発表され、その後64DDにハードを変更し、そこからさらにカセットに再度変更して2000年5月に発売される予定だったものの、完成のメドが立たず発売中止に。2006年4月20日にゲームボーイアドバンスソフトとしてやっと完成。実に12年の歳月を要しました。

『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズには、『MOTHER2』のネスと『MOTHER3』のリュカがプレイヤーキャラとして参戦しているので、ご存じの方は多いでしょう。

『MOTHER4』が出る出ないに関しては、『MOTHER3』発売時に「『MOTHER4』は、ないです。」と既に語っています。

そんな『MOTHER4』をテーマに、任天堂岩田社長と糸井重里氏が語り合います。続編は作らないと言っている中、あえて『MOTHER4』について語る対談。ぜひチェックしてみてください。

「BRUTUS」最新号は、全国の書店やコンビニエンスストアにて4月1日発売予定です。
(発売後はamazonでも販売されます)
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  4. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  7. 現代のプレイヤーにも目を向けた細やかな配慮を楽しんでほしい─スイッチで再始動した『SEGA AGES』仕掛け人に聞く【TGS 2018】

  8. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  9. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  10. 『どうぶつの森』新作がニンテンドースイッチで発表!

アクセスランキングをもっと見る