人生にゲームをプラスするメディア

【GDC2011】あの大物や憎い演出の特別カクテルも!スピーカー限定の「レベル99」(パーティ報告Vol.2)

GDCで毎晩、どんなパーティが開催されているか紹介する第2弾。今回はスピーカー限定のパーティ「レベル99」に参加してきました。

ゲームビジネス 開発
【GDC2011】あの大物や憎い演出の特別カクテルも!スピーカー限定の「レベル99」(パーティ報告Vol.2)
  • 【GDC2011】あの大物や憎い演出の特別カクテルも!スピーカー限定の「レベル99」(パーティ報告Vol.2)
  • 【GDC2011】あの大物や憎い演出の特別カクテルも!スピーカー限定の「レベル99」(パーティ報告Vol.2)
  • 【GDC2011】あの大物や憎い演出の特別カクテルも!スピーカー限定の「レベル99」(パーティ報告Vol.2)
  • 【GDC2011】あの大物や憎い演出の特別カクテルも!スピーカー限定の「レベル99」(パーティ報告Vol.2)
  • 【GDC2011】あの大物や憎い演出の特別カクテルも!スピーカー限定の「レベル99」(パーティ報告Vol.2)
  • 【GDC2011】あの大物や憎い演出の特別カクテルも!スピーカー限定の「レベル99」(パーティ報告Vol.2)
  • 【GDC2011】あの大物や憎い演出の特別カクテルも!スピーカー限定の「レベル99」(パーティ報告Vol.2)
  • 【GDC2011】あの大物や憎い演出の特別カクテルも!スピーカー限定の「レベル99」(パーティ報告Vol.2)
GDCで毎晩、どんなパーティが開催されているか紹介する第2弾。今回はスピーカー限定のパーティ「レベル99」に参加してきました。

■運営団体主催:レベル99

GDCで講演するスピーカーには、もれなくスピーカー限定のパーティに招待される特典があります。その名も「レベル99」! 今年も会場近くのパーティフロアを借り切って行われました。会場は上品で、比較的明るく、談笑しやすいように音楽も控えめでした。



なんといっても参加者はVIPばかり。ラフ・コスター、マーク・サニーといった著名ゲーム開発者や、GDCのエグゼクティブ・ディレクターを勤めるメガン・スカービオ女史などが、普通に会話していたりします。チョイスアワード名物で、ゲームパロディ満載のショートムービー「Mega64」のトリオも発見。他の出席者もGDCスピーカーだけあって、話題と経験と知識が豊富です。業界の最新情報やゴシップを集めるには最適でしょう。

食べ物もチケットには「アンバサダー(前菜)」のみと書かれていたので、軽く腹ごしらえをして向かったのですが、心配ご無用。焼き鳥風のスティックを始め、サンドイッチ、クラッカー風のパン、ケーキなどボリューミー。そもそも午後8時からスタートとあって、ある程度食事はすませて来た感じで、みんな食べないんですよね。終了時刻も午後11時と早めでした。さすがVIPは品行方正です。

特製カクテル


また、ここではゲーム業界にちなんだ、オリジナルカクテルを見つけました。今年の基調講演にちなんで、任天堂の岩田聡社長の名前を拝借した「The Satoru Iwata」をはじめ、「The Independent Gamer」「The Programmer」「The Producer」「The Artist」の5種類。さっそく「The Satoru Iwata」を注文してみました。

レシピはウォッカベースにライチジュースを加えてベルモットを散らしたもので、ほどよく酸味があり、口当たりの良いカクテルでした。またカクテルグラスの底にはオリーブの実ならぬ、ピンク色の果物が入っており、いわばカービィといったところ。さすが「Satoru Iwata」の名前を冠するだけあり、心憎い演出でした。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』

    【吉田輝和のVR絵日記】トリコにまたがれ! 気分はネバーエンディング『人喰いの大鷲トリコ VR Demo』

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

    『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  4. 「NARUTO-ナルト-」がオンラインゲーム化!バンダイナムコゲームスと中国テンセントが契約

  5. 【Wii Uアンケート Wiiの扱い篇】データ引っ越しをする人は60% ― 引っ越し後のWiiの扱いも公開

  6. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  7. ディライトワークス 塩川氏×糸曽教授対談-現役クリエイターが大学で教える理由と業界への危機感を訊く【インタビュー】

  8. EGM最新号レビュー / GBA『スプリンターセル』は不評?

  9. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  10. 開発スタッフ全員の「挑戦」が支える『FGO』スタジオの確かな技術力…テクニカルディレクターに訊く

アクセスランキングをもっと見る