人生にゲームをプラスするメディア

ソニー:ゲームの独占ではなくゲームの“一部”を独占にしたい

ゲームビジネス 開発

ソニーのシニアブランドマネージャー、Scott McCarthy氏が海外サイトScrawlのインタビューに応えています。

『MLB 11: The Show』、2011年のソニーのラインアップなどの質疑に加え、「(特定プラットフォームによる)サードパーティ作品の独占は今世代では減少している(多くのサードはマルチプラットフォームを選択している)ように見えるが、ソニーはまだサードとともに独占確保に取り組んでいるか?」という質問が。氏は以下のように回答しています。

“我々はサードパーティと非常に密接な関係を築いています。必ずしもゲームの独占にこだわるのではなく、ゲームの一部を独占することです。(PS3でのみジョーカーとしてプレイできた)『Batman: Arkham Asylum』がいい例です。あるタイトルを独占しようとすると、プロモーション・パワーを制限してしまう。我々はそうしたくありません。我々はゲームができるだけ大きいものであってほしい、それは産業のためにも大切なことです。

しかしながら、出来る限り最高のシステム上でそのゲームを遊んでほしいと思っています。そこで我々はゲームの一部を取り込み、それをプレイステーションで独占にしたいと思っているのです。”


最近の例では、『Assassin's Creed Brotherhood』でのPS3専用ミッション、『Mortal Kombat』でのクレイトス登場(Xbox 360では専用キャラクター無し)といった取り組みを見ることができます。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

    「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  5. 『スペースチャンネル5』復活にも一役買う、KDDIの複数人参加型VRデモコンテンツ「Linked-door」とは

  6. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  7. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  8. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  9. これがリアル「遊戯王」か!「HoloLens」で“リアルにモンスターを召喚”するデモ動画公開

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る