人生にゲームをプラスするメディア

ソニー:ゲームの独占ではなくゲームの“一部”を独占にしたい

ゲームビジネス 開発

ソニーのシニアブランドマネージャー、Scott McCarthy氏が海外サイトScrawlのインタビューに応えています。

『MLB 11: The Show』、2011年のソニーのラインアップなどの質疑に加え、「(特定プラットフォームによる)サードパーティ作品の独占は今世代では減少している(多くのサードはマルチプラットフォームを選択している)ように見えるが、ソニーはまだサードとともに独占確保に取り組んでいるか?」という質問が。氏は以下のように回答しています。

“我々はサードパーティと非常に密接な関係を築いています。必ずしもゲームの独占にこだわるのではなく、ゲームの一部を独占することです。(PS3でのみジョーカーとしてプレイできた)『Batman: Arkham Asylum』がいい例です。あるタイトルを独占しようとすると、プロモーション・パワーを制限してしまう。我々はそうしたくありません。我々はゲームができるだけ大きいものであってほしい、それは産業のためにも大切なことです。

しかしながら、出来る限り最高のシステム上でそのゲームを遊んでほしいと思っています。そこで我々はゲームの一部を取り込み、それをプレイステーションで独占にしたいと思っているのです。”


最近の例では、『Assassin's Creed Brotherhood』でのPS3専用ミッション、『Mortal Kombat』でのクレイトス登場(Xbox 360では専用キャラクター無し)といった取り組みを見ることができます。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

    ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  2. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

    暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  3. ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

    ダイバーシティでVR『バイオハザード7』を体験するチャンス!ジャック・ベイカーの等身大フィギュアも登場

  4. ゲームを破壊する「技術力=グラフィック向上」という罠・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第25回

  5. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. スクエニ、執行役員制度を復活 ― 『ドラクエX』齋藤氏や『FFXIV』吉田氏も役員に名を連ねる

  9. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る