人生にゲームをプラスするメディア

『モンスターハンターポータブル 3rd』、『アイルー村』『MHP 2nd G』とのセーブデータ連動特典が判明

カプコンは、プレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd
  • モンスターハンターポータブル 3rd
カプコンは、プレイステーション・ポータブルソフト『モンスターハンターポータブル 3rd』の最新情報を公開しました。

『モンスターハンターポータブル 3rd』ですが、『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』と『モンスターハンターポータブル2nd G』のセーブデータがあると、特典を受け取ることができます。



まずは『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』セーブデータ、または『モンスターハンターポータブル2nd G』セーブデータが入ったメモリースティックを『モンスターハンターポータブル 3rd』で新規キャラクターを作成する前に準備してください。ゲームメニュー画面の「NEW GAME」を選び、「特典の受け取り」に進みます。

それぞれのゲームデータが入ったメモリスティックを差し込めば、特典が受け取り可能に。そのまま『MHP 3rd』をプレイできるので、新規キャラクターを作成しゲームを始めると、ユクモ村の自宅にあるオトモボードからオトモ装備を確認すれば、オトモボックスに特別なオトモ防具が入っています。
(特典を受け取っても、元のデータは消去されず、そのまま残ります)



『モンハン日記 ぽかぽかアイルー村』との連動特典では、称号「ぽかぽか」、オトモ装備「ぽかぽかネコマスク」、オトモ装備「ぽかぽかネコベスト」が入手可能です。

一方『モンスターハンターポータブル 2nd G』との連動特典では、オトモ装備「マフモフネコフード」、オトモ装備「マフモフネコベスト」、プーギーの服「マフモフウォーマー」、称号「ポッケ」を入手可能です。さらに、特別なオトモをネコバァから雇用できるようになったり、勲章「2nd Gの狩りの証」が追加されます。また『モンスターハンターポータブル 2nd G』のプレイ時間、クリアしたクエスト数、武器の使用回数も記録されます。

『モンスターハンターポータブル 3rd』は、12月1日(水)発売予定で価格は5,800円(税込)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2010 ALL RIGHTS RESERVED.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  5. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  9. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  10. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る