人生にゲームをプラスするメディア

アンリアル・エンジンはモバイル端末へ・・・エピック・ゲームズ・ジャパン「Unreal Japan News」第8回

「アンリアル・テクノロジー・ニュース」では、アンリアル・エンジンを使用しているライセンシーの魅力的なタイトルを毎回ご紹介していますが、今回はちょっと趣向を変えてみます。

ゲームビジネス 開発
エピック・ゲームズ、iPhone, iPad, iPod touch用にアンリアル・エンジン3をリリース・・・「Unreal Japan News」第5回
  • エピック・ゲームズ、iPhone, iPad, iPod touch用にアンリアル・エンジン3をリリース・・・「Unreal Japan News」第5回
  • エピック・ゲームズ、iPhone, iPad, iPod touch用にアンリアル・エンジン3をリリース・・・「Unreal Japan News」第5回
  • エピック・ゲームズ、iPhone, iPad, iPod touch用にアンリアル・エンジン3をリリース・・・「Unreal Japan News」第5回
  • エピック・ゲームズ、iPhone, iPad, iPod touch用にアンリアル・エンジン3をリリース・・・「Unreal Japan News」第5回
  • エピック・ゲームズ、iPhone, iPad, iPod touch用にアンリアル・エンジン3をリリース・・・「Unreal Japan News」第5回
■アンリアル・エンジンはモバイル端末へ~アンリアル・テクノロジー・ニュース

「アンリアル・テクノロジー・ニュース」では、アンリアル・エンジンを使用しているライセンシーの魅力的なタイトルを毎回ご紹介していますが、今回はちょっと趣向を変えてみます。アンリアル・エンジン3が最高レベルのモバイルゲーム用エンジンとなったこと、そしてアンリアル・エンジン3によってモバイルゲームの世界が大きく変わりつつあることについてお話しましょう。

2010年9月1日、Epic Gamesはアップルのスペシャルイベントに参加し、我々の最初のiOSデバイス向けタイトル「プロジェクト・ソード」と、アンリアル・エンジン3がiOSをサポートすることを発表しました。まだご覧になっていない方は、是非YouTubeで「Apple Special Event Project Sword」を検索してみてください。

スペシャルイベント当日、iTunes AppストアではiOS用無料ダウンロードアプリ、「エピック・ツィタデル」もリリースされました。「エピック・ツィタデル」では、「プロジェクト・ソード」の舞台となる都市の中を探検することが出来ますが、もっと重要なのは「今後の超大作モバイルゲーム」がどんなものになるのか、その片鱗が見られることです。

「エピック・ツィタデル」の中では、これまでモバイルゲーム機では見られなかったような圧倒的なビジュアルエフェクトの数々 ~バンプ・オフセット・マッピング、ノーマル・マッピング、テクスチャーとペインテッド・ウェイト・マップのブレンド、グローバル・イルミネーション、テクスチャーマスクを利用したダイナミック・スペキュラー・ライティング等々~ を体験できます。

リリースから10日間で、「エピック・ツィタデル」は100万件以上のダウンロードを記録しました。メディアからは次のような反応が上がっています。

- モバイルゲームでこんなグラフィックが見られるとは、夢にも思わなかった。
- Epic Gamesは、美麗な中世の城を探検するゲームデモで人々の目を釘付けにした。
- 凄すぎて言葉にできない。私のiPhone 3GSが突然携帯型Xbox360になったようだ。
- 今すぐAppストアからエピック・ツィタデルをダウンロードするんだ。本当に言葉を失う・・・嘘じゃない。
- iPhoneやiPod touch用のゲームなんて、ひどいグラフィックのミニゲームばっかり・・・なんて思っていると、Epic Gamesの新作プロジェクト・ソードに度肝を抜かれることになる。
- これで全てが変わったという不思議な感覚だ。いや、真剣な話。

最後の2つのコメントは、我々がここしばらく考えていたことを正に代弁しています。モバイルゲーミングは急速に変化しつつある、ということです。スペシャルイベントで、アップルのスティーブ・ジョブズはApple TVについて話す中で、こんなコメントをしました。「今やHD(高解像度)にまつわる変革は完了したといっていい。HDが勝利したのだ。皆がHDを欲している。」 言い得て妙ですが、我々はジョブズの言うこの気持ちはモバイルゲームにもそのまま当てはまると思っています。決して2Dゲームが無くなるという意味ではありませんが、UE3を利用したモバイルゲームが増えるにつれ、3Dゲームには更にハイレベルなグラフィックと迫真性が要求されるようになるでしょう。

「プロジェクト・ソード」や「エピック・ツィタデル」のようなアプリを実際に手にするまでは、iOSデバイスにどれくらいのパワーがあるのか、どれくらい魅力的な3D体験を提供できるのか、具体的なイメージを持っている人はいませんでした。しかし一度体験してしまえば、同じレベルのものがもっと欲しくなるのはとても自然なことです。

我々は、そんな体験をユーザーに提供しようとする開発者を支援する準備が出来ました。我々の技術を活用した新たなレベルの開発にご興味をお持ちの開発者の皆さん、是非エピック・ゲームズ・ジャパンにご連絡ください(http://www.epicgamesjapan.com)。もちろん、アンリアル・エンジン3はPCやゲームコンソールでも動作します。

・・・そして、UDKもモバイルゲームをサポートします。

公開以来、UDKは今までに35万件以上ダウンロードいただいていますが、近日中にiOSに対応したUDKをリリースする予定です。ご興味のある方は、お気軽にエピック・ゲームズ・ジャパンまでご連絡ください。
《編集部》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. MyDearest、VRミステリー『東京クロノス』のOculus Go向け体験版の配布を決定─2月14日には“制作共犯者ミーティング Vol.5”を開催

    MyDearest、VRミステリー『東京クロノス』のOculus Go向け体験版の配布を決定─2月14日には“制作共犯者ミーティング Vol.5”を開催

  2. VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

    VR環境のあらゆるデータを共通化させる「THE SEED ONLINE」が2019年2月中旬より提供開始!

  3. 業界への就職を目指すあなたへ!「ゲーム・アーティスト・オーディション」ロングインタビュー!

    業界への就職を目指すあなたへ!「ゲーム・アーティスト・オーディション」ロングインタビュー!

  4. 【GDC 2013】オートデスク、ブランドを刷新 「折り紙」をモチーフにした新ロゴも策定

  5. 活発な技術交換が行われる組織づくり…技術部マネージャーとして『FGO』のインフラを支える”攻めのSREエンジニア” 甲氏に訊く

  6. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  8. 「CREATIVE JOB FESTA SAPPORO 2019」開催決定―クリエイティブ業界特化型の就転職フェスタ!

  9. ムームー森川幸人氏が語る、ゲーム作りで「やっちゃいけないこと」

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る