人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の坂本氏「次のゲーム機は口をあんぐりと開くものになる」

その他 全般

「口があんぐりと開いたままになる」ゲーム機とはどういうものなのでしょうか。

『メトロイド』の生みの親として知られる任天堂の坂本賀勇氏は海外メディア3DJuegosのインタビューに対し、新ゲーム機について答えています。

「任天堂にはユーザーを新しいゲーム機で驚かせる準備が常にあります。僕たちは他がやっていることをしません。僕たちは注意を惹く何かを作り出し続けます。新しい任天堂のゲーム機は、あなたの口をあんぐりと開いたままにすることでしょう」

坂本氏によれば「任天堂は常に次のモノに取り組んでおり、Wiiでも例外ではない」そうです。つまりWiiの次のゲーム機の開発はすでに進行しているというわけです。

Wiiではモーションコントロールで、「ニンテンドー3DS」では裸眼3Dで、我々の口を開いたままにした任天堂ですが、次のゲーム機にはどんなサプライズが待っているのでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

    「EVO Japan」にてeスポーツを語るトークイベント「ゲームセンター文化のゆくえ」を1月27日に開催

  2. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

    バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  3. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  4. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  5. アニメ「レイトン ミステリー探偵社 ~カトリーのナゾトキファイル~」2018年4月放送開始!

  6. 【昨日のまとめ】『ドラゴンボール ファイターズ』鳥山明監修の「人造人間21号」真の姿とは、「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編、バンダイナムコが動画配信サービスを立ち上げ…など(1/22)

  7. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  8. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  9. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

アクセスランキングをもっと見る