人生にゲームをプラスするメディア

「日本RPGは空想的。西洋RPGはリアリスティック」 ― ベセスダのクリエイターが語る

その他 全般

海外のゲームクリエイターは、日本ゲームと西洋ゲームの違いに関して語ります。

ベセスダのTodd Howard氏は海外メディアのインタビューに対し、2010年のゲーム事情に関して語っています。

同社は『Fallout3』『The Elder Scrolls IV: オブリビオン』といった大作RPGで知られ、西洋RPGの旗手と目されています。Howard氏は日本(ジャパニーズ)RPGと西洋(ウエスタン)RPGの違いに関してこう語っています。

「個人的に日本RPGは遊びませんが、観察はしています。日本RPGは芸術的に素晴らしいものがあります。この話に関して簡単なのは“こっちが西洋もの、あっちは東洋のもの”と線引きをすることですが、そうはしたくありません。私が見るところ、日本のゲームはRPGに限らず空想的です。個人的には好きですが、はっきり理解するのに苦労することがあります。西洋のゲームは概してよりリアリスティックです。終末後のアメリカを扱った『Fallout』もそうしたフィルター上のもので、本当に起こり得るようなことです。我々がファンタジーものを作るときも、この“虚構を信じられるようにする力”を再現するところがあります」

『Fallout3』『The Elder Scrolls IV: オブリビオン』共に世界の広がりと自由度を重視していますが、それを支えるのがリアリティ。ゲームが虚構であること、これは日本RPGも西洋RPGも同じですが、「虚構を信じられるようにする力」を重視していることに西洋RPGのキモがある・・・ということのようです。

なお、原文ではニュアンスの混乱が見られる「JRPG」ではなく「Japanese RPG」という単語が使われていることも付記しておきます。これはニュートラルな視点で日本RPGと西洋RPGを比較するという姿勢の現れとも考えられるでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

    【特集】『貧乳ゲームキャラ』15選

  2. 【昨日のまとめ】『FGO』「下総国ピックアップ2召喚」で40連、『Skyrim VR』発売日決定、『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/スマホ向けにリリース…など(10/21)

    【昨日のまとめ】『FGO』「下総国ピックアップ2召喚」で40連、『Skyrim VR』発売日決定、『イナズマイレブン アレスの天秤』がスイッチ/PS4/スマホ向けにリリース…など(10/21)

  3. 【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

    【特集】「歴史に埋もれたカルトなB級FPS」10選

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】俺の好きなゲームはクソゲーなんかじゃない!

  6. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  7. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第4回 エイム力を上げていこう!コントローラーカスタムパーツ編

  8. 【インサイドちゃんの超!気になるニュース】さらばインサイドちゃん!また会う日まで

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』シェルタータイプのブキなどの問題を修正、『PUBG』が韓国政界にて言及、今「スーパーマリオ」を全てプレイするにはいくらかかる?…など(10/20)

アクセスランキングをもっと見る