人生にゲームをプラスするメディア

海外大手ゲームショップ「店頭販売はまだまだ堅調、帯域と記憶媒体が課題」

海外ではダウンロードコンテンツ(DLC)がお店で買える時代が来るようです。

ゲームビジネス 市場
海外ではダウンロードコンテンツ(DLC)がお店で買える時代が来るようです。

海外の大手ゲームショップGamestopは、お店でDLCを販売するプログラムを今秋スタートするとしています。これにより、店頭で中古ソフトとDLCを購入すれば、自宅のXbox Live やPlayStation NetworkのアカウントでDLCが利用できるようになるとされています。

ただし、これはGamestopがデジタル販売へ移行することを示すわけではなく、同社のデジタルビジネスモデルマネージャーであるShawn Freeman氏は、自社の「買って、売って、トレードする」店頭型のビジネススタイルが「非常に堅調である」と発言しています。

氏は今年からのモーションコントロールと3Dゲームにまつわる動きがゲーム市場をまだまだ成長させると予測。ダウンロード配信用のネットワーク帯域とソフトを保存する記憶媒体が進歩するまでは、現状の店頭販売が主力であろうとコメントしました。

DLCの店頭販売は昨年から何度か話題となっていますが、今秋からの反響が期待されます。モーションコントロールと3Dゲーム市場に言及しているのはゲーム機や周辺機器の需要が発生するためということでしょうか。

ネットワーク帯域に関しては、英国がブロードバンドの普及を宣言、フィンランドでは国民の基本的権利に盛り込まれるといった動きがありますが、ハードウェアを販売する場所として店頭はまだまだ現役であるということのようです。
《水口真》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【昨日の人気記事チェック】オバマ大統領、ホワイトハウスにはWiiも(7月20日)

    【昨日の人気記事チェック】オバマ大統領、ホワイトハウスにはWiiも(7月20日)

  2. プラチナゲームズ、三並達也が社長を退任

    プラチナゲームズ、三並達也が社長を退任

  3. VRブームは冷め気味なのか?あまりにも強烈な盛り上がりを“過剰”と見るユーザーも

    VRブームは冷め気味なのか?あまりにも強烈な盛り上がりを“過剰”と見るユーザーも

  4. バンダイナムコ、ゲーム戦争に勝つためにMiG-21を28万ポンドで購入

  5. 任天堂、第2四半期業績を発表・・・ヒット作やWii Uの勢い回復で営業損失は2億円まで改善

  6. 【昨日の人気記事チェック】『どうぶつの森』がWiiに登場(9月3日)

  7. 【昨日の人気記事チェック】Anascape裁判、任天堂の主張は認められず(8月22日)

  8. メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  9. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  10. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る