人生にゲームをプラスするメディア

【ゲームニュース一週間】『GTA』DS版は二週間で8万本、高レーティングゲームの行く末は?

『グランド・セフト・オート』(GTA)のDS版となる『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』、二週間の売上はCowan and Companyの調査によると89000本とのこと。最初の一ヶ月で40〜45万本売れると予想されていましたが、これを大幅に下回った結果が出たことになります。

ゲームビジネス その他
『グランド・セフト・オート』(GTA)のDS版となる『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』、二週間の売上はCowan and Companyの調査によると89000本とのこと。最初の一ヶ月で40〜45万本売れると予想されていましたが、これを大幅に下回った結果が出たことになります。

これを受けて、200万本と期待された年間売上は45万本に下方修正。同社のアナリストであるDoug Creutz氏は「タイトルの品質ではなく任天堂市場におけるサードパーティの困難さ」ではないかとコメントしています。

同様に任天堂ハードで高年齢層を狙った『House of the Dead: OVERKILL』は二週間で45000本、『MADWORLD』は約一ヶ月で65000本。任天堂ハードで高年齢向けのタイトルを欲しており、なおかつ二週間〜一ヶ月という期間にゲーム屋で購入する人々は3万弱〜9万といった極めて大ざっぱな試算が可能です。

いくつかの推理をしてみましょう。「二週間〜一ヶ月の数字」であることに注目してみます。

年齢を経るほどに忙しくなっていくのが人。仕事などの都合で、発売直後にフットワーク軽くゲームを買いに行くというのも難しくなってきます。これらのソフトは高年齢向けなので、買いたいと思っていてもなかなか体が空かない人が多いとすればどうでしょうか。

「任天堂ハード」に焦点を当ててみましょう。

WiiやニンテンドーDSはお茶の間で共用されることも多いハードです。そこに、子供には見せられない高年齢向けソフトを導入するのは、個人用ゲーム機に同じソフトを導入するより困難が予想されます。家族がいる場合は、経済的な事情からも「もう一台自分専用のものを買う」のは難しい場合もあるのではないでしょうか。

では、任天堂ハードにおける高年齢向けソフトは絶望的なのでしょうか?
決してそうではないでしょう。単発ではなく連続したムーブメントとなることで様々な変化が起こるのではないでしょうか。自分専用のハードを買うにしても、遊びたいゲームが1本や2本なら困難でしょうが、5本、10本、15本ならどうでしょう。遊びたいゲームが15本あれば、自分専用ハードを検討する充分な動機とは言えないでしょうか。

高年齢向けのソフトも、数が増えることでジャンルとしての地位を獲得できるのではないでしょうか。ジャンルとしての地位があれば、ゲーム屋の棚の専有面積も広くなり、より目立ちやすくなります。大人向けのゲームがあるということで、発売直後の二週間〜一ヶ月に万難を排してゲーム屋へ直行する以外の層にもアピールできるのではないでしょうか。

現在はWiiやニンテンドーDSという広い畑に種がまかれたばかりの段階。
特に『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』はCowan and Company自身が「業界が期待しすぎたのではないか」と指摘しています。

ゲームの質に問題がないどころか、Metacriticにおいて『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』は94点、『MADWORLD』は82点、『House of the Dead: OVERKILL』は79点を獲得しています。

結果づけることで分かった気分になってしまうのが我々人間ですが、スタートしたばかりの高レーティングゲーム、「結果」を求めるのはもう少し先でもいいのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 鎌池和馬×はいむらきよたか×スクエニによる新規オリジナルプロジェクトが始動!詳細は10月7日開催の“秋の電撃祭”にて公開

    鎌池和馬×はいむらきよたか×スクエニによる新規オリジナルプロジェクトが始動!詳細は10月7日開催の“秋の電撃祭”にて公開

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

    今週発売の新作ゲーム『無双OROCHI3』『FIFA 19』『英雄伝説 閃の軌跡IV THE END OF SAGA』『すばらしきこのせかい Final Remix』他

  4. それは“絶望の一週間”―『シノアリス』のエンジニアがサービスイン時の混乱を語る【CEDEC 2018】

  5. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  6. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

  7. 【CEDEC 2012】「超汎用」2Dアニメーションツールの更なる進化~「SpriteStudio」次期バージョンが披露

  8. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  9. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  10. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

アクセスランキングをもっと見る