人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、コントローラー訴訟で逆転勝利「特許侵害はなかった」

任天堂の逆転勝利です。米連邦高裁は2006年のコントローラー訴訟に関し、任天堂の特許侵害がなかったとする判決を下しました。

任天堂 その他
ゲームキューブ
  • ゲームキューブ
任天堂の逆転勝利です。米連邦高裁は2006年のコントローラー訴訟に関し、任天堂の特許侵害がなかったとする判決を下しました。

これは米国テキサス州のAnascape社が任天堂のコントローラーに特許侵害があったとして訴えていたもの。アナログセンサー、フォースフィードバック、振動メカニズムに関し、使用の差し止めや利益の支払いを求めていました。

2008年に下された最初の判決では、Wiiリモコンやヌンチャクは問題ないものの、Wiiのクラシックコントローラやゲームキューブコントローラ及びウェーブバードに特許侵害があったとして2100万ドル(約19億6000万円)の支払いが命じられました。

任天堂はこの判決を不服として控訴したところ、今回の判決となったものです。米国任天堂(任天堂オブアメリカ:NOA)のゼネラルカウンシル(法務顧問)であるRick Flamm氏は「判決は任天堂に特許侵害がないことを確認するもので、我々の潔白が認められました」との声明を発表しています。

なお、Anascape社はマイクロソフトも同様に訴えていましたが、審理の直前に和解しています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

    『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

  2. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  3. 『妖怪ウォッチ4』「ケータ」のプレイをメインにしたPV第2弾が公開!ナビ的要素「ナビワン」の紹介も

    『妖怪ウォッチ4』「ケータ」のプレイをメインにしたPV第2弾が公開!ナビ的要素「ナビワン」の紹介も

  4. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  5. VTuber限定賞レース!「ふくやマスタープレゼンツ『Dragon Marked For Death』MASTERS CUP」が開催【応募はこちらから】

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. セガゲームスの小玉理恵子プロデューサー、Game Developers Choice Awardsで日本人3人目のThe Pioneer Awardを受賞

  8. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  9. 本日1月21日で『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ生誕20周年!桜井政博氏より感謝のコメントも公開

  10. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る