人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスエンターテイメント、和田康宏氏が退任

ゲームビジネス 市場

「マーべラスを信頼のブランドにしたい」マーべラスエンターテイメント和田康宏エグゼクティブプロデューサーが『王様物語』と今後を語る
  • 「マーべラスを信頼のブランドにしたい」マーべラスエンターテイメント和田康宏エグゼクティブプロデューサーが『王様物語』と今後を語る
マーベラスエンターテイメントは、取締役デジタルコンテンツカンパニーチーフクリエイティブオフィサーの和田康宏氏が3月31日付で退任し、顧問に就任する人事を発表しました。和田氏は長年ゲーム事業に携わってきましたが、業績不振の責任を取った形と見られます。

和田康宏氏はリクルートフロムエーを経て1991年にパック・イン・ビデオに入社。1996年に大ヒットシリーズとなる『牧場物語』の第一作目を手掛け、以来様々なゲームのプロデュースを行ってきました。パック・イン・ビデオはビクター系列のゲームメーカーと合併、ビクターインタラクティブソフトウェアと名称を変え、後にマーベラスエンターテイメントが買収しました。その後、取締役、副社長を経て2006年から社長。親会社との合併後もゲーム部門を統括してきました。

マーベラスは特にオリジナルタイトルに注力してきましたが苦戦、海外での直販事業から撤退する方針を示しています。第3四半期の業績は、売上高66億0100万円(△17.5%)、営業損失12億0800万円、経常損失12億4300万円、純損失12億7800円です。

売上に繋がらなかったものの和田氏の手がけたタイトルには評価の高いものが多数あります。

自身のTwitterアカウントでは「僕はMMVから去りますがまだまだゲーム作ります。それしかできないので。縁あってまた遊んでもらえたらうれしいですし、それを願って作ります。」とコメント。次回作にも期待したいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『アサシン クリード オリジンズ』『スーパーマリオ オデッセイ』『ARK: Survival Evolved』『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』他

    今週発売の新作ゲーム『アサシン クリード オリジンズ』『スーパーマリオ オデッセイ』『ARK: Survival Evolved』『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY』他

  2. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

    【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  3. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

    【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  4. 【GDC 2014】任天堂が明かす、N64時代から始まる『どうぶつの森』成長と心機一転の物語

  5. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. トミー、「ポケモン」ぬいぐるみに針混入、検針検査を実施へ

  8. ゲーム開発者の平均年収は「539万円」─据置型ゲーム機従事者が増加傾向、スマホ従事者は3年連続の減少

  9. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  10. 日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役

アクセスランキングをもっと見る