人生にゲームをプラスするメディア

マーベラスエンターテイメント、和田康宏氏が退任

マーベラスエンターテイメントは、取締役デジタルコンテンツカンパニーチーフクリエイティブオフィサーの和田康宏氏が3月31日付で退任し、顧問に就任する人事を発表しました。和田氏は長年ゲーム事業に携わってきましたが、業績不振の責任を取った形と見られます。

ゲームビジネス 市場
「マーべラスを信頼のブランドにしたい」マーべラスエンターテイメント和田康宏エグゼクティブプロデューサーが『王様物語』と今後を語る
  • 「マーべラスを信頼のブランドにしたい」マーべラスエンターテイメント和田康宏エグゼクティブプロデューサーが『王様物語』と今後を語る
マーベラスエンターテイメントは、取締役デジタルコンテンツカンパニーチーフクリエイティブオフィサーの和田康宏氏が3月31日付で退任し、顧問に就任する人事を発表しました。和田氏は長年ゲーム事業に携わってきましたが、業績不振の責任を取った形と見られます。

和田康宏氏はリクルートフロムエーを経て1991年にパック・イン・ビデオに入社。1996年に大ヒットシリーズとなる『牧場物語』の第一作目を手掛け、以来様々なゲームのプロデュースを行ってきました。パック・イン・ビデオはビクター系列のゲームメーカーと合併、ビクターインタラクティブソフトウェアと名称を変え、後にマーベラスエンターテイメントが買収しました。その後、取締役、副社長を経て2006年から社長。親会社との合併後もゲーム部門を統括してきました。

マーベラスは特にオリジナルタイトルに注力してきましたが苦戦、海外での直販事業から撤退する方針を示しています。第3四半期の業績は、売上高66億0100万円(△17.5%)、営業損失12億0800万円、経常損失12億4300万円、純損失12億7800円です。

売上に繋がらなかったものの和田氏の手がけたタイトルには評価の高いものが多数あります。

自身のTwitterアカウントでは「僕はMMVから去りますがまだまだゲーム作ります。それしかできないので。縁あってまた遊んでもらえたらうれしいですし、それを願って作ります。」とコメント。次回作にも期待したいですね。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

    VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

  2. プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

    プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

  3. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  4. 吉本興業が手掛けるe-Sportsチームとリーグの運営とは?「吉本興業e-Sportsセミナー」レポート

  5. 『マインクラフト』生みの親ノッチの声明全文 ― MS買収のMojangを去る理由とは

  6. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  7. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  8. 当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン

  9. いまだホットなゲーム業界の転職事情・・・リクルートキャリアに聞く(前編)

  10. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

アクセスランキングをもっと見る