人生にゲームをプラスするメディア

『DEAD OR ALIVE Paradise』数々のトロピカル・アクティビティを紹介

ソニー PSP

DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
  • DEAD OR ALIVE Paradise
テクモは、2010年4月2日(金)に発売を予定しているプレイステーション・ポータブルソフト『DEAD OR ALIVE Paradise』の新情報を公開しました。



本作では、「トロピカル・アクティビティ」と名付けられたいかにもトロピカルなミニゲームで遊ぶことができます。今回はそれらを画像と一緒にご紹介します。

■ビーチバレー



パートナーの女の子がいれば、別のペアの女の子たちとビーチバレーが楽しめます。7点先取、サイドラインやエンドラインは引かれていないというルール。チームワークが勝負のカギということですので、パートナーとは普段から仲良くしておきましょう。試合に勝ったり、試合中いいプレイをすることにより、通貨「ザック」がもらえます。

■ぴょんぴょんゲーム



プールに浮かんでいるフロートの上をぴょんぴょん跳ねてゴールを目指すというゲームです。フロートの間隔が短いときはボタンを短く、遠い場合はボタンを長く押して飛び移るのがコツ。飛び移るフロートと同じマークのボタンでジャンプすれば、クリア後のボーナスがアップするとのこと。

■ビーチフラッグ



砂浜に寝転がった状態からスタートし、ボタン連打でフラッグを奪いましょう。スタートダッシュと最後のジャンプが勝負の決め手。ただし、フライングすると即失格となってしまいます。

■どんけつゲーム



フロートの上で2人が背中合わせに立って、お尻で相手を押してプールに突き落とせば勝ちです。左右の避け・強攻撃・弱攻撃はじゃんけん的な3すくみとなっており、駆け引きが楽しめるゲームとなっています。なお、ビーチフラッグとどんけつゲームは、ゲーム中である条件を満たすことによって遊べるようになるということです。

また、公式サイトでは「ティナ」「あやね」のイメージPV、そしてCharacterのコーナーにもムービー5本が新たに公開されています。こちらの方もぜひチェックしてみてください。

『DEAD OR ALIVE Paradise』は、2010年4月2日発売予定。価格は、通常版が5,229円(税込)、特典アイテム3種が同梱されている「秘密の楽園ボックス」が7,329円(税込)、さらにもう1種追加された「“かすみ”特製フィギュア&秘密の楽園ボックス」が15,729円(税込)です。

(C)TECMO,LTD. 2010
《井上晃宏》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター: ワールド』生ける大地で狩りに臨め! いち早くTVCMを公開

    『モンスターハンター: ワールド』生ける大地で狩りに臨め! いち早くTVCMを公開

  2. ローグライクダークファンタジーRPG『ダーケストダンジョン』日本語版発売日決定!

    ローグライクダークファンタジーRPG『ダーケストダンジョン』日本語版発売日決定!

  3. 【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

    【インタビュー】完結を迎えた『BLAZBLUE』森Pが明かす心の内 ― 気になるあのシーンやイザナミの脇について訊いてみた

  4. オープンワールドRPG新作『ELEX』ローンチトレイラーが公開―終末サイエンス・ファンタジー

  5. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  6. 「PSVR」ゲオショップでの取り扱いが全国300店舗に拡大─最新モデル発売に合わせて

  7. PS4ソフト2本購入で半額になるセールが開催!―『人喰いの大鷲トリコ』等の人気作がラインナップ

  8. 発売前の『Call of Duty: WWII』が製造会社から盗まれる―警察は「知的財産権の侵害」で犯人を起訴

  9. サウンドACT『P3 ダンシング・ムーンナイト』『P5 ダンシング・スターナイト』40枚超の画像が到着! 「Burn My Dread」「Last Surprise」など収録

  10. 『グランツーリスモSPORT』新CMで古館伊知郎が20年ぶりのレース実況「過去の自分と交差して楽しい」

アクセスランキングをもっと見る