人生にゲームをプラスするメディア

大場規勝氏がプレミアムエージェンシーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任

ゲームビジネス 開発

大場規勝
  • 大場規勝
元セガで、オーバーワークス代表などを務めた大場規勝氏が、『DEATH BY CUBE』(Xbox Live Arcade)、『四季庭』(プレイステーション3)、「PlayStation Home」などの開発を行うデベロッパー、プレミアムエージェンシー(渋谷区)の取締役兼COO(チーフ・クリエイティブ・オフィサー)に就任しました。

プレミアムエージェンシーは2003年に、セガやマイクロソフトで活躍した山路和紀氏によって設立。ゲームや映像コンテンツの製作を手掛けてきました。従業員は約150名。これまでは経営、コンテンツ開発の両方を山路氏が指揮していましたが、今後は大場氏がコンテンツ製作を担当します。

大場氏は1963年生まれ。早稲田大学商学部を卒業後、セガ・エンタープレイゼスに入社。『サクラ大戦』シリーズ、『ザ・スーパー忍』シリーズ、『Jリーグ プロサッカークラブをつくろう』シリーズなど多数のタイトルを手掛け、分社化されたオーバーワークスの代表も務めました。その後、インターチャネル、ガンホー・ワークスなどを経て、2月22日付でプレミアムエージェンシーのCCOに就任しました。

大場規勝(おおばのりよし)略歴
■生年月日 1963年(昭和38年)2月20日生(満47歳)
■出身地 東京都
■最終学歴 1987年03月 早稲田大学商学部卒業
■略歴
1987年04月 (株)セガ・エンタープライゼス(現 セガ) 入社
2000年07月 (株)オーバーワークス 代表取締役社長 就任
2003年10月 (株)セガワウ 取締役開発部長
2004年11月 (株)インターチャネル 取締役
         同 上 エンターテイメント事業部長
2004年12月 (株)インデックス 入社
2006年06月 (株)ライトウェイト 代表取締役会長 就任(兼務)
2007年11月  ガンホー・ワークス(株) 代表取締役 就任
2010年02月 (株)プレミアムエージェンシー 取締役/CCO 就任
(現在に至る)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

    『ミニファミコン 週刊少年ジャンプバージョン』発売2日間で11.1万台販売

  2. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  3. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

    『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  4. 【GTMF 2012】大規模ソースコードの静的解析ツール「klockwork INSIGHT」

  5. 【CEDEC 2008】『FF XI』の中身を探る。ゲームを作る4つのブロック

  6. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  7. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

  8. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  9. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  10. 任天堂、ロゴを変更?

アクセスランキングをもっと見る