人生にゲームをプラスするメディア

カンフー+アフロ+トラックスーツ+1970年代の趣味的Wiiウェア『Kung Fu Funk』

「1970年代をモチーフとしたカンフーゲーム」がWiiウェアで登場です。

任天堂 Wii
「1970年代をモチーフとしたカンフーゲーム」がWiiウェアで登場です。

Stickmen StudiosはWiiウェア『Kung Fu Funk』を発表しました。

『Kung Fu Funk』はカンフーと1970年代をテーマとしたコメディタッチのミニゲーム集。

ヒット曲「Kung Fu Fighting」をバックに、ダンスゲーム風にカンフーの型を決めたり、箸でハエを掴んだり、襲いくる暴漢をカンフーで撃退したりといったゲームを楽しめます。



黄色いトラックスーツ、謎の老師、アフロヘアーなど、とにかく濃い要素のてんこ盛り。Stickmen Studiosは公式サイトにて「ミニゲーム、カンフーファイト、禅パーティーゲームは誰にでも楽しめます」とアピールしています。

同社は11月に飛竜が活躍するアクションゲーム『Dragon Master Spell Caster』を発表したばかり。『Kung Fu Funk』との作風の落差に驚きますが、どちらが本来の姿なのでしょうか。



「Kung Fu Fighting」とゲーム界の関係は浅からぬものがあり、これまでにも『Dance Dance Revolution』『Lego Rock Band』『Band Hero』といった作品で使用されています。

多分に趣味的要素の強い『Kung Fu Funk』ですが、こういった作品が出てくるのもダウンロードゲームならでは。内容的に日本配信は難しそうですが、日本のダウンロードゲームにもこういう作品が増えるといいですね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン』あなたは見つけられる?森に隠れたポケモンを探し出す「ポケモンどこかな?」が話題に!“森自体がキョダイマックスカビゴン”などの回答も

    『ポケモン』あなたは見つけられる?森に隠れたポケモンを探し出す「ポケモンどこかな?」が話題に!“森自体がキョダイマックスカビゴン”などの回答も

  2. 任天堂のキャラクター、今と昔で見た目がぜんぜん違う!?マリオやカービィの歴史を画像で振り返る

    任天堂のキャラクター、今と昔で見た目がぜんぜん違う!?マリオやカービィの歴史を画像で振り返る

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 『ポケモンHOME』いまGTSで人気のポケモンは「ニャビー」や「コフーライ」! 交換される理由もあわせてチェック

  5. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモンセンター限定の「エキスパンションパス」早期購入特典が公開―デフォルメされたトレーナー達がかわいい!

  6. スイッチ/PS4両使用者が対象の満足度リサーチを実施!ソフトラインナップ・画質などを、105名が10点満点形式で評価

  7. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  8. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  9. 『FE 風花雪月』DLC第4弾「煤闇の章」はどういう内容? 本編との関係や影響は? 気になるポイントを配信直前に総まとめ!

  10. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

アクセスランキングをもっと見る