人生にゲームをプラスするメディア

列車砲で「アカメ」を粉砕せよ! ~ 『ロスト プラネット 2』最新情報

ソニー PS3

ロスト プラネット 2
  • ロスト プラネット 2
  • ロスト プラネット 2
  • ロスト プラネット 2
  • ロスト プラネット 2
  • ロスト プラネット 2
  • ロスト プラネット 2
  • ロスト プラネット 2
  • ロスト プラネット 2
カプコンは2009年12月4日(金)、プレイステーション3/Xbox360ソフト『ロスト プラネット 2』の最新情報を公開しました。

『ロスト プラネット 2』は、前作より10数年後の温暖化が進んだ「EDN-3rd」が舞台。雪の世界だった前作から温暖化が進み、ジャングルなどをはじめとしたさまざまな新ステージが出現、もちろんあらたな雪賊やエイクリッド(AK)なども登場します。今回は、エピソード3に出現する超弩級AK「アカメ」に対抗する武器「列車砲」を紹介です。



「アカメ(Red Eye)」は、背面部分に多数の赤く輝く目のような部分を持っているAK。山のような巨体と正面にある巨大な口が特徴で、列車をも軽くひと飲みしてしまう巨大さを誇ります。アカメを倒すには、小型の火器ではほぼ不可能。やはり巨大な列車砲を用いるしかないでしょう。だが、列車砲のシステムを1人で動かすのはかなり手間のかかる作業となります。仲間と協力して列車砲を起動しましょう。



列車砲を撃とうにも、砲弾がなければ話になりません。まずは、列車の各所に置いてある砲弾を拾い、砲塔まで弾を運びましょう。砲弾を運搬してきたら列車砲に装填。クレーンを操作すれば自動的に装填を行うこともできます。列車砲にサーマルエナジーを注入することで、砲撃の威力を強化することができので、自分の持っているエナジーの量と相談しながらも、積極的に注入していきましょう。



砲弾の装填、エナジーの注入が完了したら、砲座について、照準で狙いを定めて列車砲を発射してください。さすがのアカメも、弱点への砲撃には無傷とはいきません。弱点への砲撃に成功すれば、その巨体に大穴を穿つことも可能です。



なお列車砲の砲撃だけでなく、アカメとの戦闘では様々な局面で仲間との連携が必要となります。常に状況に気を配り、仲間とのコミュニケーションをはかっていきましょう。列車砲に設置された機銃も、VS用の武装と並ぶくらいの火力を持っています。列車砲での砲撃だけでなく、機銃で弱点を狙っていくのも重要なダメージ源となります。小型の火器でもロケットランチャーであれば、ダメージを与えることができるようです。また、アカメの攻撃でダメージを受けると、列車が出火することも。列車内に設置された冷却装置を使って鎮火しましょう。

『ロスト プラネット 2』の発売日ですが、Xbox360が今冬発売予定、プレイステーション3が未定とのこと。価格はいずれも未定です。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

    あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  2. 『仁王』DLC第1弾「東北の龍」の最新情報!―無料追加予定のPvP要素も公開

    『仁王』DLC第1弾「東北の龍」の最新情報!―無料追加予定のPvP要素も公開

  3. PSVR『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』発売時期変更、2017年7月に延期

    PSVR『カイジVR ~絶望の鉄骨渡り~』発売時期変更、2017年7月に延期

  4. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

  5. 『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』のベンチマークソフトが配信開始! 新要素を綴る最新トレーラーもお披露目

  6. 【PS Vita DL販売ランキング】『ダンジョントラベラーズ2-2』初登場首位、『ソルト アンド サンクチュアリ』は2位へ(4/28)

  7. 【特集】今から始める『ダークソウル』シリーズガイド…君はどれから死にに行く?

  8. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  9. スパイク・チュンソフト、PS4/PS Vita『ザンキゼロ』を発表─『ダンガンロンパ』クリエイターが放つ“ノンストップ残機サバイバルRPG”

  10. PS4が「ロト エディション」になって登場!『ドラクエXI』や「はぐれメタル」USBカバーフィギュアが同梱

アクセスランキングをもっと見る