人生にゲームをプラスするメディア

リンクバーストが熱い!! ~PSP『GOD EATER』最新情報

バンダイナムコゲームスは2009年10月30日(金)、プレイステーション・ポータブルソフト『GOD EATER(ゴッドイーター)』の最新情報を公開しました。

ソニー PSP
GOD EATER(ゴッドイーター)
  • GOD EATER(ゴッドイーター)
  • リンクバーストが熱い!! ~PSP『GOD EATER』最新情報
  • GOD EATER(ゴッドイーター)
  • リンクバーストが熱い!! ~PSP『GOD EATER』最新情報
  • GOD EATER(ゴッドイーター)
  • リンクバーストが熱い!! ~PSP『GOD EATER』最新情報
  • GOD EATER(ゴッドイーター)
  • リンクバーストが熱い!! ~PSP『GOD EATER』最新情報
バンダイナムコゲームスは2009年10月30日(金)、プレイステーション・ポータブルソフト『GOD EATER(ゴッドイーター)』の最新情報を公開しました。

『GOD EATER』は、4人マルチで連係するチーム連係ハイスピードハンティングアクション。モンスターを「食らう」ことでその能力を奪いパワーアップできる特殊な武器「神機」を操る「ゴッドイーター」の一員として、群れとなって襲ってくる巨大モンスターを相手に戦い抜きます。

仲間4人とチームを組み、互いの状況を声をかけ合って伝え合いながら、倒れた仲間を復活させたり、奪ったパワーを分け合ったりすることが可能。協力しながら戦場を生き抜く必要があります。

今から50年ほど先、オラクル細胞の暴走により荒廃した未来の地球が舞台となります。オラクル細胞はあらゆる対象を「捕食」し兇暴な生物体として多様に分化しました。人々はこの脅威を「荒神(アラガミ)」と呼び、なすすべがありませんでした。唯一、生化学企業「フェンリル」が開発した「神機(ジンキ)」のみが対抗できる兵器でした。オラクル細胞を埋め込んだ生物兵器「神機」をみずからの体と連結させ操る特殊部隊、それこそが通称「ゴッドイーター」なのです。

今回は、巨大なアラガミ「ヴァジュラ」に立ち向かうゴッドイーター達の雄姿が描かれたメインビジュアルとともに、NPCとの共同ミッションの様子が公開されました。また「リンクバースト」「濃縮アラガミバレット」なども紹介されています。

本作では、1人プレイでも複数のNPCとの共闘が楽しめるのがポイントとなっています。物語の冒頭、新米ゴッドイーターの主人公が、リーダーの「リンドウ」といっしょに挑む初めてのミッションは、NPCとの共同ミッションとなっています。

リンドウと連係する必要がありますが、リンドウの神機はロングブレードタイプの近接専用武器。果敢に切りかかるリンドウに対して、プレイヤーは新型神機の可変性を活かして後ろからバックアップしていきます。アラガミが怯んだチャンスには、神機を剣形態に変形させ一緒に斬りつけ、さらに強力なダメージを与えていきましょう。

その他のNPCたちとの共同ミッションですが、注意すべきは、「旧型」と呼ばれるゴッドイーターの神機は剣形態と銃形態の変形が出来ない点でしょう。その分しっかりと自らの役割に徹した活躍をしてくれますし、NPCとは思えない高度な戦闘を展開してくれる場合も。

一方、NPCの1人である「アリサ」は、プレイヤーと同じ“新型”のゴッドイーターであることが判明しています。新型の神機使いは、敵から捕喰することで得られた「アラガミバレット」(敵アラガミが使用する強力な遠隔攻撃を弾丸化したもの)を、仲間に渡すことが出来ます。これは「リンクバースト」と呼ばれ、受け渡された「アラガミバレット」は通常よりもさらに濃縮強化されていきます。最大でLV3まで濃縮が可能で、LV3まで溜めて放つ「濃縮アラガミバレット」は、圧倒的な攻撃力と効果範囲を持っています。仲間との連繋で濃縮バレットを精製し、ここぞというタイミングで放ちましょう。

なお、アラガミバレットの中には、麻痺などの状態異常を付与する効果のあるものも存在するらしいので、使いどころを見極めて使用するとバトルを一層優位に進めることができるでしょう。

また、友達とのマルチプレイでは全員が「新型」ゴッドイーターとなるので、4人の連繋により、一層自由にこの「リンクバースト」が活用できます。「リンクバースト」はマルチプレイをよりアツくさせる要素といえるでしょう。

なお東京ゲームショウ2009では、バンダイナムコゲームスブース内で行われたステージイベントにて、『GOD EATER』の新作プロモーションアニメが初公開されています。そこでは、ゲーム本編の6年前にあたるという2065年に行われた、とあるミッションの様子が描かれていました。それらのスクリーンショットを追っていくと、『GOD EATER』の世界観の謎が解けるかもしれません。このアニメーションは、現在期間限定で11月4日まで公式ホームページで公開中です。

このアニメにも出てくる主要キャラですが、第一部隊の頼れるリーダーであるリンドウ。普段は飄々とした物言いでつかみどころのないところもありますが、部下には「とにかく死ぬな、生きていればあとはどうにでもなる」と常に説く人物です。

リンドウの使用神機はロングブレードタイプの近接戦専用武器。歴戦を潜り抜けてきた戦いの勘で、どんな状況でも仲間を守ってきました。TGSで公開されたアニメでは、まだ若い新人時代のリンドウの活躍が見られます。また、リンドウについで、第一部隊のまとめ役としてチームを引っ張るのはサクヤ。大人の女性らしい落ち着きと冷静な判断力は戦場でも心強い力となってくれるはずでしょう。

TGSで初公開されたプレリュードアニメでは本編の6年前の姿が一瞬だけ映っています。ロシア地区に向かうリンドウ達を心配するように立ち尽くす彼女ですが、アナグラの「オペレーター」と同じ格好をしており、彼女がもとはオペレーターとしてアナグラに赴任していたと推測できますが、果たして・・・?

『GOD EATER(ゴッドイーター)』は今冬発売予定で価格は5229円(税込)。プレイ人数は1~4人(協力プレイ)です。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』パッチ1.13が配信!音声関連のパフォーマンス、当たり判定一部改善など

    『Apex Legends』パッチ1.13が配信!音声関連のパフォーマンス、当たり判定一部改善など

  2. 『FF7』リメイクで消えちゃいそうだけど魅力的なポイント10選

    『FF7』リメイクで消えちゃいそうだけど魅力的なポイント10選

  3. 『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版を7月18日に発売!ピエール瀧氏のキャラクターモデル・音声は差替えに【UPDATE】

    『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版を7月18日に発売!ピエール瀧氏のキャラクターモデル・音声は差替えに【UPDATE】

  4. 『FF7』リメイク版で絶対に見たいシーン・遊びたい要素12選!あの名場面はリメイクでどうなる?

  5. 次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に

  6. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  7. 『JUDGE EYES:死神の遺言』をゆるゆる楽しめる10のポイント

  8. 『FF7』リメイク版のPVで気になる10のポイント!バトルはどう進化するのか、原作再現要素など注目すべき点をチェック

  9. DLC4弾のストーリー概要も明かされた「ACECOMBAT 極上爆音 FAN MEETING」…「映画にしたほうがいいのでは」発言には拍手喝采!

  10. 『みんなのGOLF VR』無料体験版、配信開始─「練習場」で様々なスイングが試せる!360度見渡す限りのゴルフ体験を楽しもう

アクセスランキングをもっと見る

1