人生にゲームをプラスするメディア

アップルのゲーム界参入は2012年頃、Apple TVが今後のキー−海外アナリストの予測

iPhone 3GSの発売に前後し、アップルがゲーム界に対してどういったアプローチをしてくるかが注目されていますが、アナリストはApple TVが今後のキーと予測します。

ゲームビジネス その他
iPhone 3GSの発売に前後し、アップルがゲーム界に対してどういったアプローチをしてくるかが注目されていますが、アナリストはApple TVが今後のキーと予測します。

Wedbush Morgan証券のアナリストであるMichael Pachter氏は海外ゲームサイトINDUSTRY GAMERSのインタビューに対し、「アップルには慎重な戦略があると思う。iPhoneやiPod Touchのような携帯機で何ができるかを見てからゲーム機用のゲームへと移行したがっているだろう。Apple TVは家庭用ゲーム機に転用できるデバイスだ。彼らのゴールは本質的にマイクロソフトと同じであり、Apple TVをエンターテイメントとインターネットのハブに変える」とコメント。アップルが最終的にゲーム界への参入を狙っているとする見解を明らかにしました。

Apple TVはTVに接続して様々なサービスを受けられるセットトップボックスで、iTunesと連動して様々なコンテンツをTVで再生可能。YoutubeやFlickrの動画や写真をTVで見ることもできますし、海外ではiTunes Storeから映画をレンタルすることも可能です。

セットトップボックスをゲーム機とするゲーム・オン・デマンドはかねてから注目されてきた技術で、先日も高価なゲーム機なしでゲームが楽しめる「OnLive Game Service」が話題となったばかり。

Pachter氏はこの動きを2012〜2013年と予測。マイクロソフトはこれに対抗してProject NatalやXbox360用の大容量HDDを来年にも投入してくるだろうとしています。

氏はセットトップボックスを「インターネット接続ハブでありながら、映画や他の製品を売ることのできる“トロイの木馬”である」としています。

ここでいう“トロイの木馬”とは、家に招き入れた所で中から様々なものが出てくる……という意味であることは明らか。iPhoneやiPod Touchで充分な準備を整えてから、既存のApple TVでゲームのサービスを行うのであれば、ハードウェアメーカーにとってはライバル出現といえるでしょう。ゲーム・オン・デマンドに必要となるインターネット回線は年を追って普及が進んでおり、Apple TVのゲーム機化が起こるとするならこの辺りもキーとなりそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

    ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  2. 【CEDEC 2014】『俺屍2』を象徴付ける和風テイストの「木版画3Dグラフィック」

    【CEDEC 2014】『俺屍2』を象徴付ける和風テイストの「木版画3Dグラフィック」

  3. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

    【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  4. 【GDC 2013】ベテラン開発者が語るF2Pのゲームデザイン、マネタイズの鍵は「プレイヤーの感情」

  5. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  6. 日本の希望だ。ドラクエ、メルカリ【オールゲームニッポン】

  7. 徹底的に描かれた"光と闇"『ダークネス2』日本版プレイレポ

  8. グラスホッパー、三上真司氏との新作タイトルに「Unreal Engine 3」を採用

  9. 【特集】8月の新作ゲーム何を買う?注目タイトルまとめ!

  10. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

アクセスランキングをもっと見る