人生にゲームをプラスするメディア

ポケモンをデザインしたX線撮影システム『X’sy Pro』第2弾発売に

ゲームビジネス その他

島津製作所は、2008年6月に発売した医院・診療所向けのコンパクトな1ユニット型のX線撮影システム「X’sy Pro」に、人気アニメ「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」のデザインしたシリーズ第2弾として、7月15日より東京ビッグサイトにて行われる展示会「国際モダンホスピタルショウ2009」に出展し、市場投入を行います。

これは、今年4月に発売した回診用X線撮影装置に続くコンセプトシリーズ第2弾です。X線管保持器・撮影テーブル・キャビネットを1つのユニットにまとめたコンパクトなシステムになっており、最小設置スペースは2.7m×1.8mで畳3帖分に収まります。また、特別な電力契約を必要としない100V電源で使えるタイプもあります。



前回の時よりもピカチュウの数が増えており、あらゆる角度でも可愛らしい姿が見ることが出来るデザインになっており、ナエトル、ヒコザル、ポッチャマなど人気のポケモンが描かれています。

装置全面に人気のポケモンを採用することで、検査を受ける子どもの不安や恐怖心を軽減し、スムーズなポジショニングと撮影が期待できます。これにより検査時に暴れたり泣いてしまって検査できなかったり、画像が不鮮明になるなどといった撮影時のトラブル回避にも繋がるでしょう。

なお、価格はシステム構成により異なりますが、税込みで620万円からとなっています。
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

    【CEDEC 2011】ゲームクリエイターのキャリアを考える/セガ石倉氏と専修大・藤原氏

  2. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

    株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  3. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

    【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  4. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  5. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

  6. 「中古ゲームジャパン」、購入時期や理由不問で返品出来る新サービス開始

  7. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  8. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  9. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  10. PC版『バイオハザード5』画面分割を望む声、海外で高まる

アクセスランキングをもっと見る