人生にゲームをプラスするメディア

『Left 4 Dead2』の続編に不買運動−19000人以上が参加

ゲームビジネス その他

ゾンビの群れと戦う協力系FPS(一人称シューティング)『Left 4 Dead』の続編がアナウンスされましたが、続編への不買運動が起こっています。

既に19000人以上のユーザーが『Left 4 Dead2』の不買を訴えるSteam上のコミュニティ「L4D2 Boycott」に参加しています。

「L4D2 Boycott」は、『Left 4 Dead』の品質は称賛に値するものであり、新作を必要とするValveの金銭的事情を認識すると前置きした上で、「独立した続編としての『Left 4 Dead2』はプレイヤーコミュニティを分裂させ、マルチプレイヤーゲームの品質を落とす」「『Left 4 Dead2』の発売は、『Left 4 Dead』をわずか一年で時代遅れのソフトウェアとするだろう」と主張。

フルプライスの続編ではなく無料バージョンアップもしくは拡張版としてリリースし、有料であるなら前作の購入者には割引を適用することを要求しています。

海外での『Left 4 Dead』の発売日は2008年11月18日。『Left 4 Dead2』は2009年11月17日予定ですから、約1年での続編発売となります

不買運動の背景には『Left 4 Dead』のゲームデザインが影響しているようです。
『Left 4 Dead』はプレイヤー同士が助け合って戦う点が画期的であり最大のウリ。
続編が出ることでプレイヤーが分散すれば協力プレイの相手がスムーズに見つけられなくなる恐れがあります。

続編『Left 4 Dead2』は、Xbox360とPC用としてE3でアナウンスされましたが、週末までに「L4D2 Boycott」のメンバーは15000人に達したとのこと。6月9日15時40分時点でのメンバー数は19375人ですから、かなりの勢いで増加していることになります。

Valveが強力に推進するSteamはプレイヤーコミュニティを育てましたが、今回は不買運動の形成にも力を貸した形になっています。
「L4D2 Boycott」の会員数は今後も増え続けるのか、Valveはユーザーの声にどう答えるのか。今後の推移が注目されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

    癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

  3. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  4. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』『DOOM』『返校 -Detention-』他

  5. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  6. Oculus VR、センサー技術を開発するイスラエルのPebbles Interfacesを買収

  7. 今週発売の新作ゲーム『戦場のヴァルキュリア4』『二ノ国II レヴァナントキングダム』『アサシン クリード ローグ リマスター』他

  8. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  9. メッセサンオー、本日よりトレーダー4号店として新オープン

  10. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

アクセスランキングをもっと見る