人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2009】MotionPlusで世界が広がった『レッドスティール2』プレイレポート

2006年12月2日にWii本体と同時に発売されたタイトルの一つ『レッドスティール』に3年ぶりに続編が登場です。E3会場ではユービーアイソフトと任天堂ブースに2台ずつ並べられ、常に行列ができている注目作品となります。早速遊んでみましたので紹介します。

任天堂 Wii
レッドスティール2
  • レッドスティール2
  • 【E3 2009】MotionPlusで世界が広がった『レッドスティール2』プレイレポート
  • レッドスティール2
  • 【E3 2009】MotionPlusで世界が広がった『レッドスティール2』プレイレポート
  • レッドスティール2
  • 【E3 2009】MotionPlusで世界が広がった『レッドスティール2』プレイレポート
  • レッドスティール2
  • 【E3 2009】MotionPlusで世界が広がった『レッドスティール2』プレイレポート
2006年12月2日にWii本体と同時に発売されたタイトルの一つ『レッドスティール』に3年ぶりに続編が登場です。E3会場ではユービーアイソフトと任天堂ブースに2台ずつ並べられ、常に行列ができている注目作品となります。早速遊んでみましたので紹介します。

ユービーアイブース任天堂ブース


パッと見で分かる今回の特徴は画面スタイルが前回のリアル3D路線から、軽いトゥーンシェイディングが変わったことです。テイスト自体は、怪しい日本語の看板があったりして変わりないのですが、雰囲気はポップなイメージに変わりました。違和感はありません。



そしてWii MotionPlusに対応しました。Wiiリモコン単体では厳しかった細やかな動きにある程度対応できるようになっています。剣を振るアクションは随分良くなりました。

今回のデモはチュートリアルのような感じで、色々な操作を教わりながら進んでいくという形で遊べました。目新しい操作としては、Zボタンでターゲットする敵を変更する、A+リモコンで盾を構えるような動作をすることで剣を使った防御、といったものです。

デモではダミーの敵を斬りつけたり、道を阻む竹を斬ったりしながら進んでいきます。リモコンを振ると剣で、Bボタンで銃を撃つという操作は変わりません。ターゲット変更を使いながら雑魚敵を倒していきます。暫くするとボス戦です。固い敵で、非常に大ダメージを受ける攻撃を仕掛けてきます。弱点は背中で、強力な攻撃を仕掛けてきた後、そのスキに背後に回り込んで攻撃・・・という理屈は分かったのですが、惜しいところで敗退してしまいました。

新しいグラフィックスタイルに加えて、Wii MotionPlusへの対応で、最も重要なゲームのキモとも言うべき剣のアクションが大きく改善された『レッドスティール2』。期待しても良さそうです。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

    『あつまれ どうぶつの森』ホラーで有名な「アイカ村」が再び夢で登場……! 恐怖の島を体験せよ

  2. 『MOTHER2』一度でいいから食べてみたい作中の料理10選

    『MOTHER2』一度でいいから食べてみたい作中の料理10選

  3. 『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

    『あつまれ どうぶつの森』島の名前アイデア50選!命名に迷っている人は要チェック

  4. 家族にしたいポケモン21選・後編!おいしい・ちょっと怖い・カッコいいポケモンたち

  5. 『モンハンライズ』太刀の操作方法・立ち回りを解説!「特殊納刀」がとにかく熱い、圧倒的な手数で敵を斬れ!【個別武器紹介】

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. Wii U『ピクミン3』、宮本茂氏のオリジナルコンセンプトに近いゲームに

  8. 『あつ森』大型アプデを120%楽しむために“データ消去”してイチから始めてみた体験記

  9. 『Apex Legends』ヒューズで「疑似シアウルト」できる裏技が話題!マザーロードを超広範囲スキャン技に

  10. 『モンハンライズ』これでカムラの里マスター!?勲章「歩き疲れない下駄」入手への道&カムラの里人物名鑑

アクセスランキングをもっと見る