人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン

ゲームビジネス その他

レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
レベルファイブは、6月1日よりインターネット上の仮想プラットフォームをコンセプトとした新事業「ROID」を開始します。「ROID」はNTTドコモの公式サイトとして展開されるサービスで、レベルファイブや各社が開発した幅広いジャンルのゲームを購入、携帯電話でプレイできます。

「ROID」を利用するにはまず会員登録をする必要があり、基本的には有料サービスで月額315円〜1575円まで5つのコースが用意されます。登録すると、ROID内のSHOPでゲームソフトを購入することができます。ROID内は街になっていて、ゲームを管理できるマイルームや、最新ゲーム情報を得られる「ファミ通ROID」やゲーム映像が見られるROID劇場などの施設があります。



ROIDは「Revolutionary Original Ideas Discovery −革命的 オリジナルアイデアの発見−」というネーミングコンプトを持ち、ネットワークゲームやRPGなどの本格的なゲームから、アクションやパズルなど気軽に楽しめるゲームまで幅広く用意されるとのこと。『レイトン教授』や『イナズマイレブン』『ニノ国』『スローンとマクレーンの謎の物語』といったゲームのROID版も用意されています。



アクセス方法「iモード」公式サイト
iMENU→メニューリスト→ゲーム→ミニゲーム→ROID
利用料金 315円、525円、735円、1050円、1575円(税込)

(C)team ROID
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  2. 【CEDEC 2014】アップコンバートの為に最も必要なことは?~『モンハン3G HD Ver.』の事例

    【CEDEC 2014】アップコンバートの為に最も必要なことは?~『モンハン3G HD Ver.』の事例

  3. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

    国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  4. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  5. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  6. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  7. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  8. 【Unite Japan 2014】ネイティブ初挑戦で大ヒット、『ACR DRIFT』のクルーズが紹介した「魔法の杖」とは?

  9. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  10. 今週発売の新作ゲーム『ザンキゼロ』『ニンテンドークラシックミニファミコン ジャンプ創刊50周年記念バージョン』他

アクセスランキングをもっと見る