人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン

レベルファイブは、6月1日よりインターネット上の仮想プラットフォームをコンセプトとした新事業「ROID」を開始します。「ROID」はNTTドコモの公式サイトとして展開されるサービスで、レベルファイブや各社が開発した幅広いジャンルのゲームを購入、携帯電話でプレイできます。

ゲームビジネス その他
レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
レベルファイブは、6月1日よりインターネット上の仮想プラットフォームをコンセプトとした新事業「ROID」を開始します。「ROID」はNTTドコモの公式サイトとして展開されるサービスで、レベルファイブや各社が開発した幅広いジャンルのゲームを購入、携帯電話でプレイできます。

「ROID」を利用するにはまず会員登録をする必要があり、基本的には有料サービスで月額315円〜1575円まで5つのコースが用意されます。登録すると、ROID内のSHOPでゲームソフトを購入することができます。ROID内は街になっていて、ゲームを管理できるマイルームや、最新ゲーム情報を得られる「ファミ通ROID」やゲーム映像が見られるROID劇場などの施設があります。



ROIDは「Revolutionary Original Ideas Discovery −革命的 オリジナルアイデアの発見−」というネーミングコンプトを持ち、ネットワークゲームやRPGなどの本格的なゲームから、アクションやパズルなど気軽に楽しめるゲームまで幅広く用意されるとのこと。『レイトン教授』や『イナズマイレブン』『ニノ国』『スローンとマクレーンの謎の物語』といったゲームのROID版も用意されています。



アクセス方法「iモード」公式サイト
iMENU→メニューリスト→ゲーム→ミニゲーム→ROID
利用料金 315円、525円、735円、1050円、1575円(税込)

(C)team ROID
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  3. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  4. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  6. 【CEDEC 2011】エイベックのプロデューサーが考えるコンテンツを拡散させるコラボレーション

  7. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  8. 教育分野へのゲーム的アプローチとは?「PlayStation x IT 教育がつくる次世代エンタテインメント」セッションレポ【CEDEC 2018】

  9. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  10. 虎ノ門ヒルズに引っ越したNHN PlayArtのこだわり新オフィスに行ってきた

アクセスランキングをもっと見る