人生にゲームをプラスするメディア

レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン

ゲームビジネス その他

レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
  • レベルファイブ、仮想ゲームマシン「ROID」を6月1日オープン
レベルファイブは、6月1日よりインターネット上の仮想プラットフォームをコンセプトとした新事業「ROID」を開始します。「ROID」はNTTドコモの公式サイトとして展開されるサービスで、レベルファイブや各社が開発した幅広いジャンルのゲームを購入、携帯電話でプレイできます。

「ROID」を利用するにはまず会員登録をする必要があり、基本的には有料サービスで月額315円〜1575円まで5つのコースが用意されます。登録すると、ROID内のSHOPでゲームソフトを購入することができます。ROID内は街になっていて、ゲームを管理できるマイルームや、最新ゲーム情報を得られる「ファミ通ROID」やゲーム映像が見られるROID劇場などの施設があります。



ROIDは「Revolutionary Original Ideas Discovery −革命的 オリジナルアイデアの発見−」というネーミングコンプトを持ち、ネットワークゲームやRPGなどの本格的なゲームから、アクションやパズルなど気軽に楽しめるゲームまで幅広く用意されるとのこと。『レイトン教授』や『イナズマイレブン』『ニノ国』『スローンとマクレーンの謎の物語』といったゲームのROID版も用意されています。



アクセス方法「iモード」公式サイト
iMENU→メニューリスト→ゲーム→ミニゲーム→ROID
利用料金 315円、525円、735円、1050円、1575円(税込)

(C)team ROID
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(前編)

    YouTubeを活用したプロモーションを成功させる3つの原則(前編)

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

    ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  4. VR施設「SEGA VR AREA AKIHABARA」6月17日10時にオープン! VRウォーキングアトラクションを導入

  5. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  6. バンダイナムコが新スタジオをバンクーバーとシンガポールに開設

  7. 安価で手軽なスマホVRゴーグル「400-MEDIVR1_2」発売

  8. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  9. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  10. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

アクセスランキングをもっと見る