人生にゲームをプラスするメディア

『Swords & Soldiers』−”大きなインパクトのある小さなゲーム”

任天堂 Wii

ポップなビジュアルと横スクロール型RTS(リアルタイムストラテジー)というゲームデザインで注目されるWiiウェア『Swords & Soldiers』、その開発は平坦な道のりではなかったようです。

海外ゲームサイトEDGE-ONLINEはRonimo Gamesの『Swords & Soldiers』開発秘話を公開しています。

Jasper Koning氏とFabian Akker氏は『ブロブ: カラフルなきぼう』の原形を開発しましたが、Wii版にはほとんど関われなかったといいます。
両氏が設立したRonimo Gamesは、7人のスタッフと3人のインターンという少数精鋭。半分はFlash、もう半分は3Dゲームのプロジェクトを推進しましたが、3Dゲームは「なんとかデモに漕ぎつけた」ものの、諸事情により発売には至りませんでした。「我々は自分を過大評価していた」とKoning氏は述懐します。

Wiiウェアを見た時に、「3Dのデモを作る時間で2Dのゲームが作れる」と気づいたAkker氏は『Swords & Soldiers』のプロジェクトを開始しました。全員が発言権を持ち「長い時間はかかるが、あらゆる決定が7人の男達によって検討される」体制を採択。自らの大学にテスター募集の張り紙をするなどして制作は進行したといいます。

Koning氏は「我々は大きなゲームを作りたがっている……と思っていたが、“大きなインパクトのある小さなゲーム”を作りたいのだと分かった」とコメントしています。

Ronimo Gamesにとっては自らの志を確認する機会となった感がある『Swords & Soldiers』ですが、“大きなインパクトのある小さなゲーム”というのは最前線だからこそ出てきた含みのある言葉。Koning氏は「本当のゲーム開発は大変なのではなく長いだけだ」と語り、全員が決定権を持つ体制で制作に臨みましたが、氏の言う“小ささ”はモチベーションや意思疎通にも関わる重要なキーワードなのかも知れません。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

  2. スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

    スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

  3. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

    『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  4. 『フォートナイト』PvE新マップ「キャニー・バレー」が間もなく実装―緑の少ない乾燥地帯に

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 『スプラトゥーン2』Ver.3.1.0の注目ブキ8選

  7. 『スプラトゥーン2』好きなスペシャルウェポン投票はなんとマルチミサイルが圧勝!【読者アンケート】

  8. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  9. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

アクセスランキングをもっと見る