人生にゲームをプラスするメディア

アルマの恐怖、再び…日本版『F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN』今夏発売

サイバーフロントは2009年5月18日(月)、プレイステーション3/Xbox 360向けソフト『F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN』を今夏発売すると発表した。価格は7,665円(税込)。

ソニー PS3
F.E.A.R. 2: Project Origin
  • F.E.A.R. 2: Project Origin
  • F.E.A.R. 2: Project Origin
  • F.E.A.R. 2: Project Origin
  • F.E.A.R. 2: Project Origin
  • F.E.A.R. 2: Project Origin
  • F.E.A.R. 2: Project Origin
  • F.E.A.R. 2: Project Origin
  • F.E.A.R. 2: Project Origin
サイバーフロントは2009年5月18日(月)、プレイステーション3/Xbox 360向けソフト『F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN』を今夏発売すると発表した。価格は7,665円(税込)。

本作は、2月に北米にて発売された同名作品を日本語化したもので、PCなどで発売されたFPS(1人称視点シューティング)『F.E.A.R.』の続編作品にあたる。

『F.E.A.R.』はホラーテイストを融合させたFPSで、全世界で350万本以上を販売している人気作品。一作目は日本国内では未発売だが、北米ではPC以外にもPS3などで発売されている。

続編となる『F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN』では、ホラーテイストはそのままに、改良されたグラフィックエンジンを使用してビジュアルを強化。また、オンラインを通して最大16名での対戦が可能となる。

本作のストーリーは、前作『F.E.A.R.』のエンディングの少し前から始まる。主人公・ベケットが配属された特殊部隊Dead Echoは、アーマカム・テクノロジー・コーポレーション(ATC社)の社長・アリスティドの護送作戦を遂行していた。だが、アリスティドの進めていた「オリジン計画」を恐れたATC社は、武装集団を使ってアリスティドの抹殺を目論んでいた。

Dead Echoと武装集団との交戦の中、ベケットは幻影少女「アルマ」に遭遇する。彼女の姿を追いかけたベケットは、そこで核爆発にも似た大爆発に巻き込まれることになる…。

病院施設で目覚めたベケットは、軍が施設を爆破しようとしていることを知る。恐ろしい能力、そして復讐心を持つアルマにより、次々と殺されていくDead Echoの隊員たち。ベケットはアルマと戦い、やがて自分の中に眠る能力に気づくことになるのだが…その先には、想像を絶する真実が待ち受けているのであった。

ゲーム中でベケットは、登場する様々な銃火器を駆使して敵を倒していくことになる。さらに特定条件を満たすことで、特殊能力「スロー・モー」を使用可能となる。これは超反射能力を駆使して攻撃・防御を行うというもので、メーターが残っている間は任意のタイミングで発動可能だ。使用すれば敵の動きがスローになるので、優位に戦うことができる。

さらに、特定のボタンを押すことで格闘攻撃もできる。ジャンプなどの行動と組み合わせることで、キックやスライディング、回し蹴りといった様々な格闘パターンで攻撃することも可能だ。

またゲーム中には、ATC社が開発した高度急襲用バトルスーツ「エリート パワード アーマー」が登場する。種類によっては、ベケットが乗り込んで戦うこともできる。

さらに本作には、ストーリーを体験できる「シングル」モード以外にも、オンラインを通じて最大16人で同時プレイができる「マルチプレイ」モードも用意されている。

ゲームルールとしては、他のプレイヤーを倒していく「デスマッチ」、チームを組んで相手チームと戦う「チームデスマッチ」、3つのコントロールポイントを奪い合う「コントロール」などがある。それに加えて、コントロールのルールをより複雑化した「アーマードフロント」、爆弾の設置や解除を行っていく「フェイルセーフ」、相手の基地からPHLAG(フラグ)を奪取する「ブリッツ」もある。なお別途、ローカル環境でのマルチプレイも行える。

さらに今回、登場キャラクタのプロフィールに関する情報も公開されているので、以下に紹介する。

●マイケル・ベケット(主人公)
ベケットはアスリティド保護作戦の数週間前にチームに加わることに。その任務中、アリスティドの抹殺とその研究の破壊を目的としたATC部隊の急襲を受ける。

●アルマ・ウェイド
施設に幽閉されていた間,彼女の力は精神的に影響を及ぼせる範囲に限定されていた。前作では、彼女の肉体が解放され魂だけが存在することに。彼女の本当の力が発揮される・・・。

●ジュネヴィエーヴ・アリスティド
オーバーン市工業地帯の疑惑に関与していたATC社の現社長。その疑惑と【オリジン計画】に関して重要な情報を持っていると目される人物。彼女の真の目的とはいったい・・・。
Gpara.com

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

    雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  4. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  5. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  6. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  9. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

  10. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

アクセスランキングをもっと見る