人生にゲームをプラスするメディア

BrandZ、世界のトップ100ブランドを発表―ゲーム機のブランド価値は・・・?

ゲームビジネス その他

英国の調査会社Millward Brownは今年で4回目となる「BrandZ Top 100 Most Valuable Global Brands」(世界で最も価値あるブランドトップ100)を発表しました。また、車消費財、ゲーム機など分野ごとの順位も公表されています。調査は企業の財務データや一般消費者、B2Bユーザーへのリサーチを基に組み立てられたものです。

トップ100のブランド価値を合算すると1兆9500億ドルで前回調査よりも1.7%の増加となりました。トップはGoogleで、初めて1000億ドルを超えました。2位はマイクロソフトで762億ドル、3位にはコカコーラが入り、676億ドルでした。

不況を反映してか今年のトレンドは「Value」で、ウォルマートや日本でも注目を集めたH&Mが健闘。また、「At Home」もトレンドで、任天堂が昨年のランク外から大幅アップして32位に入ったほか、Amazon、eBayのようなオンラインサービスも評価されました。新しい技術トレンドとしては「Wireless」で、Vodafoneが初めて10位内に入りました。

総合
1.Google 1000億3900万ドル
2.マイクロソフト 762億4900万ドル
3.コカコーラ 676億2500万ドル
4.IBM 666億2200万ドル
5.マクドナルド 665億7500万ドル
6.Apple 631億1300万ドル
7.中国移動通信 612億8300万ドル
8.GE 597億9300万ドル
9.Vodafone 537億2700万ドル
10.Marlboro 494億6000万ドル

ジャンル別ではゲーム機のブランド調査も紹介されています。

ゲーム機
1.ニンテンドーDS 96億5900万ドル
2.Wii 82億5600万ドル
3.Xbox360 45億8100万ドル
4.PLAYSTATION3 3億4100万ドル
5.Xbox 3億1300万ドル
6.GameBoy 2億2200万ドル
7.PSP 1億4400万ドル
8.PlayStation2 1億1900万ドル
9.GameCube 9600万ドル

ちなみに、地域別のアジアは以下の通りでした。

アジア
1.中国移動通信
2.中国工商銀行
3.トヨタ自動車
4.中国建設銀行
5.中国銀行
6.任天堂
7.NTTドコモ
8.本田技研工業
9.日産自動車
10.キヤノン
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  3. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  4. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  5. 木村雅人プロデューサーに聞く、『El Shaddai』で実現するゲームデザイン新境地・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第10回

  6. 「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始

  7. USJのVRジェットコースター「XRライド」がヤバ過ぎる…レールのない空間を走り、前振りなく急落下する

  8. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  9. VRゲームと連動する電動回転椅子「Roto VR Chair」が開発者向けに出荷開始

  10. 舞台「龍が如く」桐生一馬「応龍の刺青」ビジュアルが公開、Web限定CMも

アクセスランキングをもっと見る