人生にゲームをプラスするメディア

セガ コンシューマ新作発表会 テキストライブ

ゲームビジネス その他

本日13時より、セガは東京・秋葉原にて「セガ コンシューマ新作発表会」を開催します。新作や『ぷよぷよ7』のプロモーションキャラクターが発表される予定です。ここでは内容について、テキストライブを行います。

12:55 発表タイトルは『ぷよぷよ7』『ベヨネッタ』『エンド オブ エタニティ』などの予定

13:00 セガコンシューマ新作発表会2009スタート
52期戦略について
執行役員 CS事業部 事業部長 川越陸幸さんの挨拶
ソフト販売本数
2007年度 7404万本
2008年度 6392万本

セガは山あり谷ありの1年だった。
『ファンタシースターポータブル』『龍が如く3』でハーフミリオン。1年を見ると苦しい1年だった。

13:15『ぷよぷよ7』
PV上映
本作は『ぷよぷよ』シリーズ7作目。へんしん、あんしんを提案。
・へんしん その1
新キャラ「あんどう りんご」登場。大人に子供にだいへんしん。
・へんしんその2
新ルール だいへんしん 一発逆転チャンスを拡大。今回は99連鎖が可能!

あんしん その1
今までのルールを一挙収録。ぷよぷよ、ぷよぷよ通、フィーバー、だいへんしん、なぞぷよを用意。
あんしん その2
そしてシリーズ最大のチュートリアルを搭載。新旧キャラクターが多数登場。そして大人と子供に変化するので50種類くらいのパターンがあります。

プロモーションキャラクターに戸田恵梨香さんを起用。小学3年生〜10年来のファン。
『ぷよぷよ7』は7月30日にDS版が発売。Wii版とPSP版は今冬発売。

13:23『ベヨネッタ』
PV上映
プラチナゲームズプロデューサー橋本祐介さん登場。
ダークヒロインであるベヨネッタが天使を倒していくのがコンセプト。
∞クライマックスアクションとは?、どの場面でもクライマックスを体験できるということ。ここで実機でのプレイ映像を初公開!橋本さんが華麗にプレイしています。次世代機ならではの迫力あるアクションが満載。
ゲームシステムを紹介、基本的に打撃から射撃までをこなせるのがベヨネッタの基本スタイルです。攻撃している時に契約している魔人召喚が出来る。ベヨネッタは次元のはざまで天使と戦っていて、他の人間などからは見えない。物など壊すとその反応は人間でも超現象のように見られます(人間はびっくりして逃げる)
本作では敵の武器を拾うことができ、使うことでベヨネッタのアクションが変わります(使用回数あり)
使い道は・・・お楽しみと言うことで(笑)で確認することはできず。

現在の心境と意気込み
アクションゲームにベヨネッタと言う柱を集大成になるよう開発します。2009年秋に世界同時発売予定となっています。ご期待下さい。

13:43『エンド オブ エタニティ』
CS編成室室長 宮崎浩幸さん登場。
一言で言うと超大作。これからセガの代表作にしようと頑張っています。トライエースが作ってきた作品が個人的にファンで好きで、次の作品をウチでやれたらなぁと思っていました。
トライエース代表取締役の五反田義治さん登場。
ほんの一部の映像を公開。

最後に、この夏に向けて発売されるセガのゲームラインナップ映像を上映。

14:00 終了(試遊スペースで一部のタイトルを体験)

14:30 『ぷよぷよ7』プロモーションキャラクター発表
小学生の頃から『ぷよぷよ』をプレイしている大ファンである戸田恵梨香さん登場。
CMのアフレコ映像を上映。CM撮影時は素で楽しんプレイしていました。
今まで疑問だったことなどを(『ぷよぷよ7』プロデューサーに)聞いたりしたりもしました(笑)
他、フォトセッション等

15:00 終了
《まさと》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  6. 宮本氏「任天堂はライバルを気にするよりオンリーワンの存在に」

  7. Oculus代表パルマー・ラッキーがPSVRに言及、「ハイエンド・パワフルではない」

  8. 『Branching Paths』試写会&座談会レポ―日本のインディーを振り返って

  9. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  10. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

アクセスランキングをもっと見る