人生にゲームをプラスするメディア

Wii向けハードコアゲームは売上的に健闘、『MADWORLD』は売れ行き次第で続編も

セガオブアメリカのバイスプレジデントであるSean Ratcliffe氏はVentureBeatのインタビューに答えて『House of the Dead: OVERKILL』『MADWORLD』は売れ行き的に健闘しているとの見解を明らかにしました。

任天堂 Wii
セガオブアメリカのバイスプレジデントであるSean Ratcliffe氏はVentureBeatのインタビューに答えて『House of the Dead: OVERKILL』『MADWORLD』は売れ行き的に健闘しているとの見解を明らかにしました。

セガオブアメリカはWiiのハードコアゲーマー層に訴求するとして『House of the Dead: OVERKILL』『MADWORLD』をリリースしていますが、Ratcliffe氏は「『House of the Dead: OVERKILL』の売上は順調であり、我々の期待に応えるものだった。『MADWORLD』の初動は励みになっている」とコメント。『MADWORLD』の売れ行きがよいようであれば続編をフランチャイズしたいとしています。

また、「ニンテンドーDSiは大きな新しい革新」であり、『マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック』ではタイミングの問題から対応できなかったものの、ニンテンドーDSiはニンテンドーDSに取って代わるだろうと予想。

ただ、ニンテンドーDSiの台数はニンテンドーDSと比べると少ないものであり、当面はニンテンドーDSに注力するとの見解を明らかにしています。

海外ではニンテンドーDSiが発売されたばかりで、英国では2日で9万台を売り上げるヒットとなっています。ニンテンドーDSとニンテンドーDSiの関係がどうなるのか注目されていますが、ニンテンドーDSiに優遇を行う『My Healthy Cooking Coach』のような例もあり、今後の動きが気になるところです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

    任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

  2. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  3. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

    任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  4. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  5. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. 任天堂の不思議なキャラ10選

  8. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  9. 任天堂のかわいいゲームキャラ10選!“かわいい”にもいろいろあるかも?

  10. 『スマブラSP』は初代からどのくらい進歩した!? ファイターは60体以上増加、楽曲は30倍以上に!

アクセスランキングをもっと見る